現在地

構造化配線

成功のための基礎固め

クラウドネットワークおよびデータセンターにおける仮想化サービスの急増に起因した容量需要の増加により、多数のクラウドサービスプロバイダは、物理配線インフラストラクチャのアップグレードを強いられています。 一方、ギガビットイーサネットから10G、40G、 そして今では100Gへの移行により、規格の進化と物理媒体作業における許容マージンの減少がもたらされています。

次のステップの準備

<p>メタル、メタルからファイバ、またはシンプレックスからリボンファイバアーキテクチャへと、高度なカテゴリへのどの移行かにかかわらず、設置とテスト中のベストプラクティスの維持は、今後のネットワーク性能において重要です。 設置者と技術者は、
最新のテスト方式、関連する業界標準、および次世代ツールと計器について習得することで、これらの変化に歩調を合わせる必要があります。</p>

初日から使いやすいデータ

VIAVIクラウドソリューションは、エラーの可能性を減らす使いやすいワークフローを技術者に提供する一方、クラウド対応機器により、初日からより良いネットワークデータを提供することで、物理媒体からアプリケーション層までのより良い パフォーマンス マネージメントを実現します。

ネットワーク環境全体を通しての優れた可視性により、VIAVIツールセットは実行可能な洞察を提供し、最初からパフォーマンスデータが利用できるようにネットワークをより効率的に構築することができます。 ネットワークの成長と進化に伴い、正確なベースラインを設定し、パフォーマンスを測定し、物理的なインフラストラクチャを検証するうえで十分な信頼性のあるデータが得られます。