現在地

技術の配備

スムーズなロールアウトの鍵

クラウド通信の増大とともに、新しいITイニシャティブをプロアクティブに管理し、それらイニシャティブが確実にユーザーの期待通りの働きをするようにすることをクラウドサービスプロバイダに対して求める技術配備の嵐が到来しています。

需要とともに成長する

クラウドへの企業の支出が増加するにつれて、クラウドサービスプロバイダは競って容量と機能を増大しようとしています。 この緊急性により、ケーブルからネットワーク、そしてアプリケーションまでのあらゆるものに対するより広い可視性の必要性が高まっています。
 プロバイダは、新しいアプリケーションが新しい環境に配備されると即座にそのことを認識して配信する必要があります。 そして、リソースの仮想化や拡張、あるいはクラウドへの移行が行われたときは、サービスとインフラストラクチャの健全性を迅速に評価する
必要があります。

差別化を実現するツール

Viaviのクラウドパフォーマンスマネージメント・ソリューションは、イニシャティブのライフサイクルのあらゆるステージの管理と最適化に貢献することによって、クラウドサービスプロバイダが技術を迅速かつ確実に配備できるようにします。 このソリューションは、 サービスの配備前にサービスの準備ができていることを検証することで、新しいサービスの振る舞いに対する可視性と認識を提供します。また、配備前後のIT性能を評価して、性能上の潜在的な問題点を特定、解決し、ロールアウト後の継続的な最適化を可能にする 設計となっています。こうしたことは、ネットワークやアプリケーション、インフラストラクチャの視点からオンラインになったサービスに対する完全で相互に関連付けられたビューを通じて配備の成功を検証することによって実現されます。

このソリューションは、ペイロード解析やウェブベースの深い顧客満足達成度指標分析などの数千のアプリケーションに対するサポートになります。 デバイスを配備したら、包括的なネイティブエージェントポーリングによってデバイスを検出、監視してください。 基盤になっているすべての物理接続が新しいリソースを適切にサポートしていることを確認してください。 そして、導入前後の包括的なベースライン設定および振る舞い分析を通じて新しいサービスが最適化されているかどうかを評価してください。