現在地

分析の有効化

SMARTanalytics フィードで洞察力を高める

顧客への高品質の分析ソリューションの提供に努める中、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)やネットワーク機器メーカー(NEM)は、集約され、相互に関連付けられたリッチなインサイトを提供するソリューション、データにおける有意のパターンの発見と通信を容易にするソリューションを必要としています。

百聞は一見に如かず

顧客の分析ソリューション用のリソースは限られているため、フィードソリューションはビッグデータの増加と分析ソリューションのコストの比例関係を打破し、メーカーや顧客にとって十分なROIの確保に役立つものでなければなりません。

このためには、分析およびアシュアランスソリューションはRANのロケーション インテリジェンスからセルサイトバックホールへ、そしてデータセンターを通してコアネットワークへ、加入者ロケーションやサービス体験の質などリッチなデータを含む、エンドツーエンドのカバレッジを提供する必要があります。 一般的な要件は、主要業績評価指標(KPI)、ワークフローアプリケーション、およびトラブルシューティングツールなどの包括的なレベルのパフォーマンス可視性です。 VIAVI分析フィードで開発/製造メーカー分析ソリューションを強化することで、開発/製造メーカーの顧客に収益の多様化、技術革新を通じた競争力、体験の質(QoE)ベンチマークの質を満たす手段が提供されます。

スマートに働く

VIAVIの分析実現ソリューションは可視性やインテリジェンス、インサイトを提供することで、計画・構築・証明・アクティベーション・収益化からアシュアランス、最適化まで、ネットワーク全体のライフサイクルにわたる高品質な加入者体験を保証します。 VIAVIは、ビッグデータを扱う本質的に新しいアプローチを通じて開発/製造メーカーがサービス用ソリューションのポートフォリオを拡大する手助けをします。 VIAVIの新しい「SMARTanalytics」ソリューションは、ビッグデータに備わっている可能性を費用効果の高い形で解き放ち、関連するチャンスをとらえて収益化できるよう考案されています。

それらソリューションは以下の通りです。

  • 同期:データはソースやサービスにまたがって自動的に相互関連付けされます。 
  • 有意性:分析結果を利用するアプリケーションに直接関係する実用的な分析がもたらされます。
  • 適応性:分析は動的に変化し、新しいデータソースばかりでなくダウンストリームアプリケーションの新しいニーズを考慮します
  • \r\n
  • リアルタイム性:数秒以内に分析がもたらされます。