現在地

テストと開発

最新の技術革新の品質ロールアウト

テストおよび開発ソリューションは、進化する一方の技術変化を考慮しながら、ネットワークが推進するサービスの成長需要に絶えず対応する必要があります。 サービスを配備する前にラボテストで、ネットワークにアクセスする数千台のエンドユーザーデバイスをエミュレートすることによって、サービスが品質面で顧客の期待に応えているかどうかを検証する必要があります。

テストのエース

配備を成功させるための主なハードルには以下があります。

  • 顧客のQoEを損なうことなく、短期間により多くの機能の提供を求める顧客の期待の増大
  • コストを抑えながら、より大きな容量で、革新的で高品質の製品を提供することに対するプレッシャー
  • 進化する多様な技術に取り組んだ柔軟なソリューションに対するニーズ
  • すべての技術とサービスが配備前環境で効率的に機能することを保証

配備準備完了

ONT製品ファミリーをはじめとするViaviのソリューションは、機器の配備準備が完了していることの検証に役立ちます。 ネットワーク機器や部品メーカーは、ネットワーク事業者が評価や適合性検査にONTを使用することを承知しています。 このため、システムの検証に同じツールセットを利用することによってメーカーは一歩先んじ、現場で問題点が見つかった場合の製品回収というリスクを回避できます。

最新のストレステストはまた、次世代CFP4やQSFP28光ファイバがこの課題に確実に対応していることを確認するのにも役立ちます。パラメータが柔軟で設定変更できることによって、システム全体の検証を効率的かつ費用効果の高い方法で管理し、実世界のシナリオに対応することができます。 また、SART(Signalizing Analyzer Real Time)やPacketInsightなどのツールは、リアルタイムでユーザープレーンとコントロールプレーンを相関させながらの相互運用性や音声品質の検証に利用することもできます。

各種情報/資料