現在地

顧客満足達成度指標

QoEとコストの最適化

最高品質の体験を提供できる能力が競争上の差別化をもたらすということは、よく認識されている事実です。 金銭的に測定可能な顧客満足達成度指標の改善をもたらすことができる無線(ワイヤレス)サービスプロバイダは、成功します。

可視性から価値が生まれる

顧客の体験、顧客の満足、顧客の維持は三つ巴であり、互いに緊密に関連し合っています。 これらの成果を改善するために、過去数年にわたり、無線(ワイヤレス)オペレータは顧客満足達成度指標管理(CEN)イニシアチブに投資し続けています。 産業調査によると、加入者離れの40%はサービス品質、そして究極的にはその基礎となるネットワーク性能に直接起因しています。 そのため、顧客離れを低減し、顧客のライフタイムバリューと収益性を改善するためには、ネットワーク エコシステム全体の性能を、体系的に一貫性を持って最適化する努力を最優先することが必要です。

Viaviの革新的なアシュアランスソリューションは、最小限の総コストでQoSとQoEを大幅に改善するエンドツーエンドの可視性とリアルタイムのインテリジェンスをもたらします。 このオープン インテリジェンス プラットフォームは、仮想化ネットワークへの移行をサポートし、データ収益化をしやすくするため、運用の拡張につれてサービスの柔軟性と収益性を改善できます。

測定可能な差異

Viaviは、CSPのネットワーク環境内で利用可能なすべてのデータソースを活用できるオープンさと、リアルタイム インテリジェンスをもってサードパーティ アプリケーションを提供できる機能とを組み合わせて、仮想化対応の次世代の監視・アシュアランスソリューションを構築します。 この根本的に斬新なアシュアランス方式は、顧客満足達成度指標に最も影響の大きい問題を、既存のソリューションの数分の一の時間でプロアクティブに特定・解決する支援を提供します。 データ量増加によるコストの上昇を抑えることで、弊社のソリューションはCSPの設備投資/運用コストおよびスケーラビリティに大幅な改善をもたらすことができます。 あらゆるソースからのデータを統合し、あらゆるアプリケーションに相関させることで、より包括的なインテリジェンスをもたらし、OSSコストの削減とデータ収益化を実現します。 ビジネス、モバイル、レジデンシャルサービスをすべて同一プラットフォームから提供する仮想化対応のリアルタイム インテリジェンスにより、ダイナミック ネットワークの保証がしやすくなります。

各種情報/資料