現在地

データ収益化

機会をとらえる

モバイルネットワークは、単に音声サービスを提供するものから、主としてRCS以前の一線を越えたサービスからなる絶えず成長を続ける膨大なエコシステムを実現するものへと変わりました。 今やモバイルネットワークは、価値を最大化するためのネットワークと加入者利用データの収集、処理、解析という重大なハードルに直面しています。

顧客を理解する

ビットあたりの収益減少および非従来的なプレーヤーからの競争によりサービスプロバイダーは収益を多様化し、収益の漏出を防いで、技術革新を通じてさらに競争力をつけることが求められています。

これを達成する方法の一つは、価格プレミアムを求め、市場での真の差異化となる独自のパーソナライズされたサービスの開発です。 そのため、サービスプロバイダーが加入者データが提示する機会を理解し、役立てることができる場所でのデータ収益化構想の必要性が増しています。 しかしながらサービスプロバイダーには、新しいデータインサイトシステムに必要なリソースが限られており、適切なROIを確保するためには、加入者データの増加とソリューション費用との間の比例関係を破る収益化ソリューションが必要です。

スマートになること

VIAVIのソリューションは、新ネットワークテクノロジーへの移行と新サービス採用の管理面で多大の経験を有しています。 弊社はネットワークとサービスの仕組みを深く理解しています。 こうした経験から開発されたのが、ネットワークとサービスの計画・配備・運用・監視・最適化に必要な可視化を、サービスプロバイダーに提供する効率的な監視およびテストソリューションです。



ビッグデータを取り扱う根本的に新しいアプローチとともに、VIAVIの新しい「SMARTanalytics」ソリューションはビッグデータに備わっている可能性を費用効果の高い形で解き放ち、チャンスをとらえて収益化できるよう考案されています。

VIAVIは、SMARTanalyticsを通してビッグデータの収益化を実現するソリューションの広範なポートフォリを揃えています。

それらソリューションは以下の通りです。

  • 同期:データはソースやサービスにまたがって自動的に相互関連付けされます。
  • 有意性:分析結果を利用するアプリケーションに直接関係する実用的な分析がもたらされます。
  • 適応性:分析は動的に変化し、新しいデータソースばかりでなくダウンストリームアプリケーションの新しいニーズを考慮します
  • リアルタイム性:数秒以内に分析がもたらされます。