現在地

仮想化

最適化とアシュアランス

競争の激化と顧客の要求の増加により、無線(ワイヤレス)サービスプロバイダーは財政的に存続するためにコスト削減と収益向上という継続的なプレッシャーにさらされています。 この先10年間にわたるネットワークとサービスの変革において最も重要な技術革新とされているネットワーク機能仮想化(NFV)は、通信事業者の利幅に大幅な改善をもたらす可能性があります。

スマートなネットワークはスマートなツールを必要とする

仮想化されたネットワーク機能が自己設定となり、最大のメリットを提供するよう進化していくにつれ、関連する最適化とアシュアランスツールは、それらの物理ネットワーク向けのツール以上にスマートになる必要があります。 具体的には、これらのツールは以下のことができなければなりません。

  • 仮想ネットワーク インターフェース ポイントへのアクセス
  • 仮想化されたネットワーク管理インフラストラクチャとの統合
  • 手動介入なしの自己設定と実行
  • リアルタイムでのプレシジョンパフォーマンスの可視性の提供

ネットワーク事業者やサービスプロバイダーはこれらのよりスマートになったツールを採用して初めて、仮想ネットワークがもたらす、さらなる課題や機会に取り組むことができます。 これには、ネットワーク柔軟性の増加によって可能となった新しいサービスの導入およびネットワークによる自動的な自己設定の実現などがあります。

NFV対応ポートフォリオと専門知識

VIAVIのNFV対応ポートフォリオは、物理、仮想、およびハイブリッドネットワーク上で動作する包括的なテスト、測定、およびアシュアランス機能を提供します。 この広範なポートフォリオはITインフラストラクチャやトランスポートリンク、ビデオサービス、顧客体験にまたがる付加価値のパフォーマンス可視性およびトラブルシューティングインサイトを提供し、無線(ワイヤレス)ネットワーク事業者がエンドユーザーの期待する高品質のサービス体験を維持しながら仮想化したネットワーク機能を導入するのを支援します。

仮想化によってもたらされたスケールの変化を考慮し、業界内およびベンダーエコシステム内でNFV標準やガイドライン、ベストプラクティスを策定するために多大の労力が払われています。 VIAVIはこれらイニシアティブにおけるリーダー格として活発な参加者であり、ETSI NFV Industry Specification Group(ISG)やTM Forum Zero-touch Orchestration, Operations and Management(ZOOM)プログラム、およびVMware Technology AllianceやAlcatel Lucent Cloudbandなどのベンダーエコシステムプログラムに貢献、協力しています。

VIAVIの業界リーダーシップと専門知識によって弊社の無線(ワイヤレス)NFV対応ソリューションは独自の地位を占め、よりスマートなテスト、測定、およびアシュアランス機能を使用して仮想化の配備およびROI規模の加速に貢献しています。