現在地

導入と保守

有効性の向上によるコストの削減

テクニカルサポートリソースの有効性と効果のレベルは、ネットワーク性能や顧客満足度、最終的な収益に影響します。 その上、技術者の離職や現場スタッフの能力ギャップ、およびスキルに長けた技術者のコストなどが有線(ワイヤーライン)通信事業者に共通する問題となっています。

よりスマートなシステム

有線(ワイヤーライン)サービスプロバイダは日々、断続的に問題に遭遇しています。 予測不可能であることは問題であり、かつ解決が困難です。 どのようなタイプの現場スタッフのスキルセットをどの時点で投入するかという判断が困難な場合も多々あります。 技術者を加入者の現場に派遣する際、通信事業者はその派遣が効果的か、効率的か、あるいは必要かどうかということさえ確信を持つことができません。 技術者と加入者のどちらもがもっと自力で行えるようなスマートなシステムにより、リソース効率と問題解決に要する時間を改善できます。 ベストプラクティスを技術者に提供し、サービス問題を報告する前に正確に診断する能力を加入者に与えることなどがあります。

始めが肝心

弊社のソリューションは、技術者がその都度能力を高められるように開発されています。 顧客のチームには、正しく効率良くファイバネットワークを敷設、認証、保持できるように、業界をリードするテストツールが用意されます。 同時に、標準ベースのネットワーク認証のため、業界のベストプラクティスを効率的に維持します。 VIAVIソリューションがあれば、どの技術者でも高レベルのスキルを発揮できます。

 

VIAVI導入・保守ソリューションはクラウド対応機器、仮想化ソフトウェアエージェント、およびエンドユーザーのQoEの可視性を提供する組み込みプローブを備えています。コールセンターポータルによって、顧客の問題に対する迅速な診断および解決手段が提供されます。 根本原因に関する特定の障害切り分け情報やガイダンス情報を提供できない一部の基本的なスピードテストや独自仕様のスピードテストと異なり、規格に準拠したテストでは、問題の根本原因の理解に役立つ情報が提供されます。 VIAVIソリューションはまた、屋内WiFiを含むラストマイルへの可視性も提供し、設定を最適化して顧客とのコミュニケーションを徹底することにより、苦情や障害コール、一般加入者の不満を抑制します。