現在地

顧客体験

可視性向上によるQoEの向上

固定ブロードバンド加入者数は世界全体で7億人を超え、使用モバイルデバイス数は数十億台にのぼっています。有線(ワイヤーライン)サービスプロバイダは顧客体験に関わるほぼあらゆる評価指標を理解し、加入者に対して一定の体感品質(QoE)を確保する必要があります。

課題の克服

機能向上した高速インターネットやビジネスイーサネットに対する加入者の需要が幾何級数的に増大し、プレミアムオンデマンドサービス数がますます増えていることも、この課題を難しくしています。 それと同時に、サービス品質保証契約(SLA)を満たし、さらに高い品質を提供しようと苦闘する中、常時接続という期待から競争が激化し、市場が複雑化して、利益は圧迫されています。

成長の最適化

Viaviソリューションは、エンドユーザーに影響が出る前に問題点を見つけることで、高品質のQoEの確保に貢献します。 物理層からアプリケーション層、また加入者のアクセスポイントからコアまで可視化されることにより、Viaviは正確なインテリジェンスを提供します。その結果、プロバイダは以下のことが可能になります。

  • 適切な技術者を適切な場所、適切な時期に派遣することによる、障害報告件数の低減
  • 提案新製品を試験的に導入し、顧客の行動とサービス品質を正確に理解することによる、本格採用までの時間の短縮
  • エンドユーザーQoEと他のデータソースを相互に関連付けることによる、ビデオやブロードバンドサービスの最適化(あらゆる場所にプローブを配備する必要性の排除)
  • サービスが指数的に増大する中で繰り返し起こるプローブの経費削減
  • 加入者への影響の可視化と重要事項の優先付けによる平均解決時間の短縮