現在地

仮想化

事前対応型のエンドツーエンド管理

サービスプロバイダは新たに仮想化されたサービスや機器の保証、監視、管理、テストという新しい課題に直面します。

NFVの価値の保証

エンドユーザーは第一に、サービスの提供方法よりも性能とサービス品質にこだわります。 そのため、仮想化アーキテクチャを設計、導入する際は、ネットワーク事業者は新たに導入した仮想環境の品質と性能がレガシー環境に匹敵することを確認する必要があります。 品質と性能が劣化すると、NFVの価値と他の先進テクノロジーが疑問視されます。

仮想化環境では、保証ソリューションとプロセスは事後対応型の監視やトラブルシューティングから進化している必要があります。 VIAVIソリューションでは、ネットワークやサービスのリアルタイムインテリジェンスと分析を含む事前対応型アプローチにより、配信方式を問わず一貫して高品質なサービスを保証できます。 それ自体が仮想化されているVIAVIテストソリューションは、スケーラビリティの実現に役立ち、テストの導入をスピードアップします。 その結果、迅速な障害解決、トラブルシューティングにおける技術者派遣の抑制、全体的な顧客満足度の向上が得られます。

 

シングルベンダーソリューション

VIAVI仮想化ソリューションは、フィールドサービスアクティベーション用の比類ないSDN/NFVツールセットを使用して、新しく仮想化された機能にエンドツーエンドの可視性をもたらします。 シングルベンダーソリューションを使用することで、プロバイダは専門家のガイダンスを得てオーバーヘッドを減らし、マルチベンダープロジェクトにありがちな相互運用リスクを低減できます。 サービスプロバイダは、仮想化機能が高いQoEを保持するために、受け入れ可能なレベルで仮想化機能が動作することを保証する事前対応型監視ソリューションの利点を享受します。

VIAVIはお客様と協調して、ネットワークの一部だけではなく全体を管理することで、コストの削減と短期ROIを実現します。 このシングルベンダーソリューションは、サービスプロバイダにネットワーク全体からの一貫したリアルタイム統計情報をカスタマイズして提供しながら、所有コストと購入後の問題解決/パッチ費用を削減します。 高精度・高分解能の性能情報をリアルタイム分析システムに提供するVIAVI仮想化ソリューションは、エンドユーザーの前に異状を検出する事前対応型パフォーマンスアプローチにより、顧客満足達成度指標管理の効率を上げることができます。