現在地

レジデンシャルサービス

運用コストの削減

帯域幅を消費するサービスへの需要は増加の一途をたどっており、ラストマイルテクノロジーはその需要に対応するために急ピッチで進化し続けています。 一般家庭へのファイバ化やADSL2+/VDSL2、発展するDOCSIS仕様は、レジデンシャルサービスの導入およびトラブルシューティングの課題になっています。

より大規模、より高品質、より高速度そして「それ以上」

最近の調査によると、世界のWi-Fi利用世帯数は急激な速度で10億台に迫りつつあります。こうしたエンドユーザーのためのマルチスクリーン、マルチプレイサービス、高速インターネットの需要は伸び続けています。 こうした傾向は収益面から見れば喜ばしいことですが、サービスプロバイダ、ネットワーク機器メーカー、世界中のネットワークを利用するサービスプロバイダ会社にとっては、大きな課題となります。

指数的な通信の増加(収益の増加は限定的)に対応し、顧客を維持し、満足させ続けることができる1つのソリューションに対する、極めて大きな要求があります。 レガシーネットワークを高速IPデータネットワークに収束させ、内部効率と生産性を向上させることで、OPEXを削減し、平均解決時間を短縮することが求められています

すべてを統合

VIAVIソリューションの特徴は、目的に応じて構築された機器と、エンドユーザーQoEの観点からサービスパフォーマンスを評価する革新的なシステムベースのソリューションを兼ね備えていることです。 このソリューションは、トラブルシューティングに有用で実用的なガイダンス情報を提供します。これは、Wi-Fiやネットワークの専門家ばかりでなく、フィールドの技術者や顧客のセルフサービスでも使用できる内容となっています。

慎重に選ばれたツールと障害検出解決機能を使用することにより、障害検出に派遣するエンジニアの数を最小限に抑え、障害検出と解決にかかる平均時間を短縮します。 適切な派遣 経費の削減 どのようにして、問題が起きる前に問題を検出するのでしょうか?

VIAVIソリューションは事前対応型のサービスとネットワーク監視を行うことで、操作の優先順位付け(顧客に最も影響を及ぼす問題を真っ先に解決する)と障害がどこにあるかを把握する手助けをします。 この機能により、プロセス実施の一貫性や最新テクノロジーへの迅速なアップグレード、技術者の学習曲線の簡素化が実現されます。