現在地

トランスポート ネットワーク運用

エンドツーエンドの可視化によるコスト削減

固定ブロードバンド加入者数は世界全体で7億人を超え、使用モバイルデバイス数は数十億台にのぼっています。プロバイダはネットワーク問題が収益にマイナスの影響を及ぼさないように問題を迅速に発見して解決することが常に求められています。

ネットワークの自己最適化へのパス

機能向上した高速インターネットやビジネスイーサネットに対する需要が継続する中、企業がサービス品質保証契約(SLA)を満たし、さらにそれを上回ろうとするにつれ、常時接続の期待が引き起こす市場の競争の激化や複雑化により、企業の収益損失リスクが高まっています。 プロバイダは今や、至る所に存在しうるソリューションを探し求めています。比類のない可視性を活用し、ネットワークの自己最適化に向けた実用的な洞察情報を提供しようとしています。

パワフルなソリューション

VIAVI™のトランスポートネットワーク運用ソリューションは、インターフェイスやインフラストラクチャの種類に関係なく、構築からサービスアクティベーション、性能監視、トラブルシューティングにいたるまで、サービスのライフサイクルのあらゆる部分に関与します ネットワークの構築や既存のインフラストラクチャの再検証の間、VIAVI™のフィールド技術者向けソリューションでは、クラス最高のファイバまたはカッパー特性化ツールと、簡潔で利便性の高いワークフローや結果、資産管理用のクラウドシステムが組み合わせられます。 そのため、物理ネットワークは通信の受け入れ準備が整っていることを確認できます。

サービスアクティベーション時、VIAVI™ソリューションは0Gから100Gまでトランスポートネットワーク上にあるすべての物理インターフェイスのフィールド内カバレッジを提供します。ポータブルフィールドツールはVIAVI™のクラウドベースシステムで管理でき、仮想化テスト方式の一部として使用可能です。また、カスタマ サービスアクティベーションとトラブルシューティングを効率的かつコスト効率よく実行できる柔軟な環境を作り出します。 

VIAVI™のネットワークにインストールされるテストヘッドやプローブ、ファイバ監視ツールは、ターンアップテストとトラブルシューティング用に1日24時間利用できるばかりでなく、ネットワークの任意の箇所での通信量(バースト)の高分解能測定を提供する性能監視も含みます。 これにより、ネットワークの容量拡大を理解し、正確に予測できます。 このソリューションのエンドツーエンド可視性はエンドユーザーQoEにも焦点を当てています。

VIAVIトランスポート ネットワーク運用ソリューションを利用して以下に役立てることができます。

  • li>トランスポート ネットワークの迅速かつ効率的な構築と、すぐに業務に利用できるという安心
  • モバイルバックホール用か100Gトランスポート用かを問わずサービスを迅速にアクティベートし、フィールド技術者やネットワーク組み込みシステム、仮想化テストのすべてをクラウドベースシステムで管理して、ワークフローと仕事の進捗状況を記録
  • サービス中ネットワークのパフォーマンスの監視と将来のサービスの改善、新製品の導入、迅速な障害解決のための実用的な予測情報の導出
  • 適切な技術者を適切な場所に適切な時期に派遣することによる障害報告件数の削減と平均修理時間の短縮
  • エンドユーザーのQoEを他のデータソースと相互に関連付けることによるビデオおよびブロードバンドサービスの最適化(あらゆる場所にプローブを配備する必要性の排除)