現在地

製造における光テストプラットフォーム

光コネクタとパッシブ コンポーネントテスト

Viavi の最先端MAP-200 プラットフォームに対応したシングルモード挿入損失/リターン減衰量メータと EF 完全対応マルチモード挿入損失テストモジュール。
パッシブなDWDMデバイス、ROADMと回路パックの製造と新しいデバイス開発のためのテストソリューションを提供します。波長依存性能の完全特性評価を提供します。
光コンポーネントの長期自動化信頼性試験とチャンバーを使用しての温度/湿度環境ストレス・テストの統合

光信号コンディショニングとスイッチング

業界最先端のViavi光スイッチ技術を採用した第四世代の計器クラスを基盤に構築された光スイッチソリューション
map-200-passive-utility-module
The MAP-200 Utility Module, mUTL-C1, provides a range of passive optical devices such as couplers, splitters, Mux/Demux modules and band-pass filters to simplify the integration of these devices into automated test systems
Polatis Optical Matrix Switches
The Polatis range of optical matrix switches provide versatility in optical switching applications

光源とアンプ

mTLG-B1はMAP-200モジュラ・プラットフォーム用、チューナブルDBR (Distributed Bragg Reflector)レーザ・ソース(2幅モジュール)です。 50GHz グリッド・スペースでC或いはD-バンドにおいてオンデマンドで波長を変更可能な、DWDMテストに理想的なチューナブル・レーザです。
mBBS-A1はMAP-200モジュラ・プラットフォーム用、広帯域光源(1幅モジュール)です。C バンドまたはC+L バンドでの平坦化された高パワー密度を特徴とする、増幅自然放出(ASE) 出力を提供します。この光源は、スペクトラムの高安定性を実現します
mEDFA-A1はMAP-200モジュラ・プラットフォーム用、Erbium-Doped Fiber Amplifier (EDFA)(1幅モジュール)です。プリアンプ、ブースタ、高出力ブースタ、ミッドスパン・アクセス・ブースタ、インライン・ブースタ、およびDWDM ブースタの6 つの構成が用意されています。低雑音指数、高出力パワー、高利得を特徴とします。
The MAP-200 general purpose light sources (mSRC-C2) are fiber-coupled, fixed-wavelength emitters that cover key Telecom/Datacom wavelength bands of 850, 1300, 1310, 1490, 1550, and 1625 nm.

マルチ・アプリケーション・プラットフォーム(MAP)シャーシ

光伝送ネットワーク要素の費用効果の高い開発と製造のために最適化された光テスト/測定プラットフォーム
光デバイスやサブシステムの開発および製造分野の光テストスイッチングとシグナル調整に、コスト効果が高くフレキシブルでコンパクトなプラットフォームを提供します。

光源、パワーメータ、スペクトラム測定

mOPM-B1はMAP-200モジュラ・プラットフォーム用、光パワーメータ (1幅モジュール)です。1 / 2 / 4 出力構成。750から1700 nm波長レンジ。最大27 dBm入力fパワー。確度、高直線性、極低偏波依存損失(PDL)を特徴としています。10 mm ディテクタ・アダプタ付きモデルは、最大72 チャネルのマルチ・モード・リボン・ファイバで使用できます。
​The MAP-based integrated multi-wavelength meter and high resolution optical spectrum analyzer module combines sub-GHz resolution performance and compact modularity in a single slot cassette.

光信号コンディショニング

mVOA-C1はMAP-200モジュラ・プラットフォーム用、可変光減衰器 (1幅モジュール)です。高分解能、広波長範囲の減衰器です。モジュールごとに1 つまたは2 つのデバイスと共に使用できます。シングル・モード/マルチ・モード・ファイバで使用でき、4 つの標準コネクタ・タイプに対応しています。
マルチ・アプリケーション・プラットフォーム(MAP-200)のマルチポイントチューナブルフィルターモジュール(mTFX-C1)は、次世代100 G+インターフェイス、サブシステム、およびシステムテストに対するテスト信号管理を大幅に簡素化します。
The MAP-200 Polarization Control Module (mPCX-C1) provides polarization scrambling, control and stabilization for use in applications such as temporal depolarization, 100G+ coherent interface testing as well as stabilization and tracking of target SOP conditions
map-200-passive-utility-module
The MAP-200 Utility Module, mUTL-C1, provides a range of passive optical devices such as couplers, splitters, Mux/Demux modules and band-pass filters to simplify the integration of these devices into automated test systems