16G Fibre Channel 負荷テスター
現在地

16G Fibre Channel 負荷テスター

Xgig 16Gファイバーチャンネル負荷テスターは高速14Gbpsファイバーチャンネル(16 GFC)プロトコル テストをサポートする業界初テスターです。

概要

ファイバーチャンネル機器の信頼性を確認する上での重要な点は、最大の規定データ転送速度或いはそれより高い伝送速度におけるネットワーク ストレステストを行う必要があるというとです。Xgigファイバーチャンネル負荷テスターはユーザーが完全なメッシュ型データ通信トポロジーを構築し、負荷トラフィックを発生して送受信トラフィックの監視を行う複数サーバーとストレージアレイにより構成されているァイバーチャンネル システム テストを簡単な設定で容易に実現します。包括的分析と統計機能によって、Xgigファイバーチャンネル負荷テスターはその性能、データ保証、堅牢、柔軟性、およびスケーラビリティにおいて、ファイバーチャンネル網やスイッチテストのための理想的なツールです。

特徴

  • 最もストレスの多い試験環境における規定のラインレートトラフィック テスト保証
  • 大規模なネットワーク性能テストを含むファイバーチャンネル機能の検証の統合
  • 高精度/高分解能レイテンシ測定
  • 自動化テスト
  • コントロール フレームの取得とトリガ機能によるリンクに関する根本原因分析
  • Xgig FCoE負荷テスターによるFCoEからFCへのトポロジーテスト

アプリケーション

  • スイッチコントロール プレーンの機能検証
  • スイッチ相互運用テスト
  • スイッチ性能テスト
  • スイッチ ストレステスト

主要機能

  • -1/2/4/8/16Gファイバーチャンネル テスト(トラフィック発生と負荷テスト)
  • サポートFCoEトポロジー(FCoE負荷テスターポート使用)
  • 最高255までのNPIV
  • 最高64個までのタイム同期ポート(高分解能レイテンシ測定/10nsレイテンシ測定確度)
  • 柔軟なトラフィック パターン発生

データシート