波長計(mWAVE-A1)と高分解能 OSA(mHROSA-A1)スペクトラム測定モジュール
現在地

波長計(mWAVE-A1)と高分解能 OSA(mHROSA-A1)スペクトラム測定モジュール

​The MAP-based integrated multi-wavelength meter and high resolution optical spectrum analyzer module combines sub-GHz resolution performance and compact modularity in a single slot cassette.

概要

VIAVI MAP200用 1スロットモジュールでCバンド対応波長計と高分解能光スペクトラムアナライザを統合しました。業界をリードするサブGHz帯の波長分解能を実現しました。 MAP-230BとMAP-280のメインフレームで動作するように設計されています。 その結果、パワーメータ、減衰器、スイッチ、光源、各種シグナル調整モジュールなど、他のさまざまなVIAVI MAPモジュールを活用できます。 これは充実した機能を備えた波長計と高分解能光スペクトラムアナライザで、使いやすいGUIかMAP-200自動インターフェイスで制御できます。 コヒーレント検出技術をベースに、これまでにない周波数分解能を提供して、2GHzに近い密度で並ぶ光信号のパワーレベルと中心周波数を正確に測定します。

信頼性、コンパクト設計、パフォーマンスが不可欠な実験室と製造テストシステムの両方に最適なソリューションです。

利点

  • -実験室や製造テスト向けの業界初となる一体型波長計と高分解能OSA
  • 光学シグナルでのサブGHz帯の分解能分析を実現
  • 400 G NyquistフレキシブルグリッドWDMシグナル分析をサポート
  • MAPベースのモジュラー設計で、より包括的な光デバイス分析にプロセス統合可能

用途

  • DWDM伝送システム
  • 光源
  • トランスポンダ、ラインカード
  • 10/40/100/400 Gコンポーネントとシステムを認定
  • 100 Gと400 GのフレックスグリッドDWDMの検証と展開

主要機能

  • サブGHz帯の波長分解能
  • 拡張されたC帯取得範囲
  • 周波数、パワーレベル、OSNRを測定
  • 継続的な平均化テストモード
  • サイドモード抑圧比を測定
  • 波長計のみの仕様あり