MAP: 可変後方反射器(mVBR-A1)
現在地

MAP: 可変後方反射器(mVBR-A1)

mVBR-A1はMAP-200モジュラ・プラットフォーム用、可変後方反射器 (1幅モジュール)です。後方反射の関数としてシステム感度またはシステム劣化を測定できるように、正確なレベルの反射減衰量をトランスミッタに提供します。シングル・モードまたはマルチ・モードで使用できます。
This product has been discontinued.

概要

MAP-200モジュラ・プラットフォーム用、可変後方反射器 (mVBR-A1)です。

mVBR-A1可変後方反射器は後方リフレクション測定の機能として、システム感度測定またはシステム機能低下を可能にする正確なレベルのリターンロス(RL)をトランスミッタに提供します。送受信ペアと特性評価機器と共に使われる時に、mVBR-A1可変後方反射器は、トランスミッション・システム・パフォーマンスを著しく低下させる反射を設定できるため、それらが起こす問題の特性評価に使用できます。正確にRLのレベルをコントロールするために、mVBR-A1可変後方反射器はVIAVIリニアの減衰器プリズムと高反射率ミラーを使います。シングルモード(SM)またはマルチモード(MM)ファイバlのどちらでも使用でき、オプションにてモニタ出力が用意されます。

主要機能

  • * 動作波長: 850/1310または1310/1550nm
  • シングルモードまたはマルチモード・ファイバ・サポート
  • 自動化プログラム作成サポート用IVIドライバ・サポート

データシート