Protocol Analysis Probe -DNA (分散ネットワークアナライザ)  (J6801B)
現在地

Protocol Analysis Probe -DNA (分散ネットワークアナライザ)  (J6801B)

DNA (J6801B)は、リモート・分散コントロール対応のポータブルなデータキャプチャプローブで、JDSU社製有線ソリューション - ネットワークアナライザー (J6840A)、モバイルソリューション - シグナリングアナライザー (SART)と連携します。コントロール用PCから、ローカル・リモートを問わず操作することができます。DNAはメインシャーシと各インターフェイスに対応するラインインターフェイスモジュール (LIM)により構成されます。
This product has been discontinued.
June 30, 2017

概要

データキャプチャプローブ - DNA (J6801B)は、組込型のコントロール用PCを使用しないので非常にコンパクトな筐体です。外部のコントロールPCにJ6840A - ネットワークアナライザーソフトウェアをインストールし、IP経由で複数のDNAを1PCで同時操作することができます。DNAはハードウェアラインナップのDNA PROやDNA MXと同様に、メインシャーシと各インターフェイスに対応するラインインターフェイスモジュール (LIM)により構成されます。

特長

  • 内蔵電源 (AC/DC対応)
  • ラックマウント可能
  • J6840A Network Analyzer Softwareが標準で付属

TCP/IPによるコントロール:

  • コントロール用ポート (10/100Base-TX, RJ-45コネクタ)は以下の接続を選択可能
  • 他DNAのコントロールポート(カスケード接続で複数DNAを同時コントロール)
  • コントロールPCのネットワークカード(ローカル接続)、もしくはネットワーク上のスイッチ/ハブ(リモート接続)

時刻同期機能:

  • Control & Sync: 最大10台までのDNAをカスケード接続で時刻同期
  • GPS: 外付けGPSレシーバー(10MHz/75Ohm, 1pps/75Ohm, RS-232C)にて遠隔地間の時刻同期
  • NTP: NTPサーバー使用で遠隔地間の時刻同期

Run-Time Store to Media

  • 最大400Mbpsのデータレートで、長時間連続データキャプチャ