Xgig 16Gファイバーチャネルアナライザ
現在地

Xgig 16Gファイバーチャネルアナライザ

Xgig 16Gファイバーチャネルアナライザは、高速ネットワーク分析用に設計され、新しくリリースされたXgig 5000プラットフォーム用のモジュラー型ブレードです。
This product has been discontinued.

概要

分散型プロトコルの監視、分析、テストに使用する業界最先端のVIAVI Xgig製品群は、最新のマルチプロトコル、マルチアプリケーション、マルチチャネル機能を提供するユニークなプラットフォームを用意しています。 Xgigはストレージ機器の製造元、フィールドサービスのエンジニア、データセンターのIT担当者が、今日の高速シリアルストレージエリアネットワーク(SAN)やサブシステムにありがちの複雑な設計、開発、保守に関する課題を克服するのに役立ちます。

Xgigプラットフォームは、主要な高速ストレージプロトコルのすべてで、ライブトラフィックを生成、テスト、分析するための多目的な総合ソリューションです。 XgigシャーシはFC、iSCSI(Internet Small Computer System Interface)、SAS(Serial Attached SCSI)、SATA(Serial Attached Technology Attachment)、GigE(Gigabit Ethernet )、FCoE(Fibre Channel over Ethernet)など、さまざまなプロトコルのテスト・分析機能を備えたブレードを最大4台までホストします。 Xgigはマルチプロトコル、マルチアプリケーション(分析、生成、テスト)、マルチデータレートのエンドツーエンドテストを1つのプラットフォームで同時にサポートする業界唯一のソリューションです。 この機能によって、顧客の投資収益率を最大化しながら、優れた拡張性をもたらします。
 
Xgig 16Gファイバーチャネルアナライザ
DSU Xgigファイバーチャネル(FC)製品は、クラス最高のプロトコルテストツールを提供しています。特に高速ストレージとネットワークアプリケーションでその威力を発揮します。 Xgig 16Gファイバーチャネルアナライザは、高速ネットワーク分析用に設計され、新しくリリースされたXgig 5000プラットフォーム用のモジュラー型ブレードです。 FCP(Fibre Channel Protocol)、IPFC(Internet Protocol over Fibre Channel)、FICON(Fibre Connectivity)、SCSI、FC-AE(Fibre Channel Avionics Environment)などのULP(Upper Layer Protocols)をサポートするFCコンポーネントやシステムの開発、トラブルシューティングを担当しているエンジニアにとって最も重要なツールと言えます。
 

主要機能

  • 業界最強のトレースキャプチャ: 業界最大のトレースバッファー、SFP+ポートごとに2GBという優れた性能で、最高のデータレート、14 Gbps(リアルワイヤーレート)のラインレートで100%のキャプチャが可能
  • それぞれのブレードが、プロトコルアナライザ、Jammer(ジャマー)*、ロードテスタ*として機能。いずれもシンプルなソフトウェア構成のみで、ハードウェアへの変更は不要
  • 複数のXgigシステムをカスケーディングすることで、64個の時間同期ポートをグループ化して総合的なシステム分析とテストを実行業界最高のタイムスタンプ分解能(5 ns)