Xgig 40Gイーサネットプロトコルアナライザ
現在地

Xgig 40Gイーサネットプロトコルアナライザ

Xgig 40Gイーサネットアナライザは広範なイーサネットプロトコルのライブトラフィックを監視・分析するための多目的な最新ソリューションです。
This product has been discontinued.

概要

VIAVI Xgig 40Gイーサネットアナライザは、FCoE、FIP、データセンターブリッジング(DCB)、IEEE802.1Qx、TCP/IP、iSCSI、RPC/NFS、SMB/CIFs、AoE、iWARP、RoCEなど、広範なイーサネットプロトコルのライブトラフィックを監視・分析するための多目的な最新ソリューションです。 ハードウェアはVIAVI ハイエンドXgig 5000プラットフォームをベースにしており、8ポート装備の10Gイーサネットブレードで、2ポートは40Gイーサネットに構成可能です。 シャーシにはこの種のブレードを最大4枚まで収容でき、アナライザは分析ソフトウェアアプリケーションの総合スイートを使用してユニークなプラットフォームを提供しています。このプラットフォームは、高速のストレージとネットワークアプリケーションのトラブルシューティングを必要とするユーザーに先進的なマルチプロトコル、マルチアプリケーション、マルチチャンネルの各種機能を提供します。

利点

  • 10Gのテストプラットフォームで投資を有効活用
  • 業界一の強力なトレース性能と最も信頼の高いFCoE、DCB、iSCSIプロトコル分析
  • 特許取得済みの検索およびフィルタリング機能で開発を加速
  • 大規模なネットワーク分析機能の提供:マルチノード、マルチホップ、インタースイッチリンク(ISL)トランク
  • Wiresharkのトレース形式をサポート

 

主要機能

  • 次世代の40G FCoEストレージとネットワーキング機器による正確、迅速、かつ総合的な分析で設計と製造を加速
  • 混合プロトコルおよびレガシーSAN環境との間の重要な開発、統合、相互運用性を検証