FI-10/-FI-11: 光ファイバ・アイデンティファイア
現在地

FI-10/-FI-11: 光ファイバ・アイデンティファイア

シングル・モード・ファイバを通過する光信号を検出することで光ファイバを識別します。

概要

FI-10とFI-11はシングルモード・ファイバ内に流れている光信号を検出することで、ファイバを識別する頑丈で、使いやすいハンドヘルド・インストール、および機器メンテナンス用光ファイバ・アイデンティファイヤです。非破壊マクロ・ベンド検出テクノロジは、識別のためにスプライス・ポイントでファイバを開く必要をがありません。p>

特徴

  • これは、サービス中断の可能性を無くします。
  • 動作波長: 800-1700nm。
  • ほとんどのAT&TとCorningの光ファイバと互換。
  • 非破壊マクロ・ベンド・テクノロジ使用。
  • 検出感度: -40dBm。
  • 両方向トラフィック識別.

アプリケーション

  • ライブ・ファイバ識別。
  • コア・パワー測定と2桁LED表示(FI-11)。
  • 270 Hz、1000Hz、および2000Hz変調トーン検出。
  • 相対ゼロ・パワー読み(FI-11)。
  • スプライスやコネクタ通過によるパワー損失測定(FI-11)

主要機能

  • アクティブ信号トランスミッションの高輝度LED表示
  • 交換可能なアダプタ・ヘッド: ジャケット・タイプ、コーティング・タイプ、リボン・ファイバ対応
  • バッテリィ低下表示
  • 片手操作