FI-60 ライブ光ファイバ・アイデンティファイア
現在地

FI-60 ライブ光ファイバ・アイデンティファイア

光ファイバの切断または、ネットワークの中断させることなく簡単にライブ・ファイバを識別します。また、光学パワーメータ(OPM)と使うアダプタが用意されています。

概要

一台で、2種類のファイバ・テスト・ツールを提供 うっかりとインストレーション、テスト、或いはトラブルシューティング中にアクティブ・ファイバの接続中断してしまうことは、サービス中断の共通原因です。FI-60 LFIは、ファイバ接続中断或いは、ネットワーク・トラフィック中断することなく容易に光信号を検出します。VIAVI 独自の"SafeChekTM "システムは、殆どのファイバとの安全且つ再現性の有る噛合わせを保証します。 FI-60は2種類(ライブ・ファイバ識別とパワーメータ)のテスト・ヘッドを用意し、現場で工具無しで簡単に交換できます。FI-60はまた、各選択した波長での測定値のストアと呼び出しが可能です。更に、ストアされた測定データはUSB経由でPCに送ることができます。FI-60はまたFiberCheck2とUSB経由で接続可能で、インスペクションとパワー測定及びレポート作成が可能です。

 

特徴

  • 再現性の有る“SafeCheckTM”イージー・プル・トリガ・システムによりネットワーク・ダウン・タイムとダメージを避けます。
  • 一つのLFI (live fiber Identifier) テスト・ヘッドは複数のケーブル直径(250μmから3mm)に対応し、迅速にテストを行います。
  • 周囲の明るさに対応した読み間違いを避ける表示による信頼性向上
  • 多様な環境で容易なテストを実現するコンパクトで人間工学に基づいたデザイン。
  • 容易なテスト・ヘッドの取替え(LFI - OPM)とテストの設定の保存/呼び出し及び測定結果のPCへの転送(USB経由).
 

アプリケーション

  • ライブ・ファイバ・アイデンティファイヤ(LFI): ファイバの切断または、ネットワークの中断させることなく迅速にライブ・ファイバを識別
  • パワーメータ(OPM): すべてのシングルモードとマルチモードのコネクタに対応
  • FiberChek2TMインスペクションとテスト・ソフトウェアによる測定結果の記録.
 

主要機能

  • SafeCheck イージー・プル・トリガ・システムによる再現性のあるファイバ・ケーブル噛合わせを確保
  • LFI(ライブ・ファイバ・アイデンティファイヤ)のテスト・ヘッド頭は複数のケーブル直径(250μmから3mm)に対応。
  • 丈夫な金属製パワーメータ入力コネクタ(2.5と1.25mm)。
  • パワーメータ: 絶対値(dBm)および相対的値(dB)測定。
  • 最高100までパワーメータの測定読み値のストアと呼び出し