FiberComplete モジュール – MTS-2000、-4000 プラットフォーム用 4100 シリーズ
現在地

FiberComplete モジュール – MTS-2000、-4000 プラットフォーム用 4100 シリーズ

FTTx/PON、Access および Metro Networks のインストール、ターンアップ、およびメンテナンスに使用する自動双方向 IL、ORL および OTDR テスト ソリューション。

概要

本自動化ソリューションは、光ファイバ・ネットワーク導入におけるテスト時間を約40%削減します。

VIAVI 4100 シリーズ FiberComplete ファミリーは、双方向挿入損失 (IL)、双方向光学リターン損失 (OCWR 方式を使用した ORL)、遠距離および双方向 OTDR または故障発見器を、1 本の光ファイバー接続で、わずか 1 度のボタン操作により自動的に実行できる初のソリューションです。

これは、スプライスとコネクタの特性評価と障害検出を行うことができる業界唯一の双方向の損失試験セットです。

特徴

  • 光ファイバ・ネットワーク導入に必要とされる10種のテスト機能を一台に集約
  • 1回のファイバ接続、ワンボタン自動測定。
  • テスト中ファイバを使用した、リアルタイム連続性チェックとプロダクト・ペアリング。
  • 障害検出モードによる即時のトラブルシューティング。
  • 最適化された合否表示ワークフローとレポート作成。
  • MTS-4000とMTS-2000プラットフォームと互換。

アプリケーション

  • アクセス、中距離、メトロ・ネットワークのインストールとコミッショニング。
  • あらゆるファイバ光リンクのメンテナンスとトラブルシューティング。
  • FTTH/PONネットワーク構築と受け入れテスト。

主要機能

  • 初期IL/ORLテスト参照のためのステップ・バイ・ステップ ウィザード。
  • ファイバまたはケーブルの測定結果管理。
  • プリ定義/ユーザ定義のしきい値設定。
  • メトロ・アクセス(MA)とメトロPON(MP)OTDRと互換。
  • FiberTrace(OFS-100)とFiberCable(OFS-200)む、テスト結果の後処理のためのPCソフトウェア・ツールの包括的なスイート。