光スペアナモジュール – MTS-6000A、-8000プラットフォーム用高分解能OSA-610
現在地

光スペアナモジュール – MTS-6000A、-8000プラットフォーム用高分解能OSA-610

10/40/100と400 G DWDMネットワークのスペクトラム分析に使用するフィールド用テスターで、実験室レベルのパフォーマンスを備えた高分解能光スペクトラムアナライザ。

概要

VIAVI OSA-610高分解能光スペクトラムアナライザは、既存のアプリケーションだけでなく、高度な信号解析(400Gスーパーチャネル解析等)に最適です、従来のOSAに比べて5〜10倍も優れた分解能帯域幅と波長確度を提供します。 信頼性と高性能が不可欠な実験室や現場で役立つコンパクトなソリューションです。

利点

  • Nyquist WDMシグナルを徹底分析する業界初のフィールドOSA
  • 抑圧スーパーチャネルで狭ガード帯域を分離/分析して400 Gの展開が可能
  • 最小、最軽量の高性能な400 G対応のOSAとして使用可能
  • 実験室からフィールドまで — 真の実験室レベル、400 Gのパフォーマンスを現場用テスターで実現

用途

  • C帯域でDWDMのコンポーネントやシステムをテスト
  • フレックスグリッドDWDMシステムの検証と展開
  • Nyquistのシグナルとスーパーチャネルの認証
 

主要機能

  • 3pmの波長確度
  • 拡張C帯域捕捉範囲(1526-1568nm)
  • 周波数、パワーレベル、OSNRの測定値
  • サイドモード抑圧比の測定機能
  • MTS-6000A、-8000プラットフォーム用テストモジュール