HP2/HP3シリー​​ズファイバ検査およびテストシステム
現在地

HP2/HP3シリー​​ズファイバ検査およびテストシステム

高度なハンドヘルドディスプレイシステムは、単一のポータブルソリューションにファイバ検査とテストを統合したシステムです。

概要

一筐体で、光ファイバネットワークの検査とテストを実行する業界初のハンドヘルドソリューション。

HP2とHP3シリーズシステムは、テスト時間を1/2に削減しより良いネットワーク性能を実現するための、最も重要なファイバツールを単一のソリューションにを統合。 両方のシステムの効率的なワークフローのベストプラクティスを促進するツールによって技術者はよりスマートに、またより速く作業実行可能。 後にネットワークのパフォーマンスに影響を与える可能性がある高価なミスを防止することにより、ネットワークへの投資を保護。 結果は、ワークフロー効率の大幅な増加とトータル検査及びテスト時間の短縮。 HP2とHP3どちらも、パッチコード検査のための統合されたパッチコードマイクロスコープ(PCM)搭載。

ハイライト

  • ひとつの機器に検査及びテストを組み合わせることにより、ファイバ処理のベストプラクティスを促進
  • 一台に機能と仕様を統合することにより別の機器に切り替える必要性を排除しワークフローを改善
  • 検査およびテスト時間を大きく短縮する、優れたワークフロー効率
  • 運搬/管理が必要なツールやアクセサリーの最小化
  • マイクロスコーププローブによってバルクヘッドを、統合されたPCMによってパッチコードを点検する

アプリケーション

  • 一筐体でファイバ端面の検査と、正確な光パワー測定
  •  迅速かつ容易にバルクヘッド(プローブ使用時)とパッチコード(PCMとの)相互接続ファイバの両端を検査する
  • 光パワーと減衰を(VIAVI光源を使用)測定する
  • すべてのシングルモードおよびマルチモードのアプリケーションに対応
  • 変調周波数を検出し、個々のファイバを識別するために、VIAVI光源を使用
  • 適切なファイバ処理ワークフローと実行を促進する

主な特徴

  • 光ファイバ相互接続の両端を検査し、かつ正確にひとつの機器で光パワーをテストし、測定
  • 一台に機能を統合することにより別の機器に切り替える必要性を排除
  • FBPシリーズプローブマイクロスコープとパッチコード専用マイクロスコープ使用による、迅速かつ容易なファイバの相互接続の両端検査
  • LAN、TELECOM、CATV、およびDWDMテストなど、すべてのシングルモードおよびマルチモードアプリケーション対応パワーメーター
  • 3.5インチ(HP2)および2.0インチLCD(HP3)による最適な解像度とファイバ端面の明確でクリアな詳細画像を表示
  • 変調周波数検出による、個々のファイバの識別
  • 3年間のキャリブレーション期間
  • -GripSwitch™モードによるバッテリー動作時間の延長(HP2)GripSwitch™モード:持ったときにディスプレイをアクティブ、離したときにはディアクティブ。
  • TWINtestと自動λ(VIAVI光源使用時)