MAP-200マルチポートチューナブルフィルターモジュール(mTFX-C1)
現在地

MAP-200マルチポートチューナブルフィルターモジュール(mTFX-C1)

マルチ・アプリケーション・プラットフォーム(MAP-200)のマルチポイントチューナブルフィルターモジュール(mTFX-C1)は、次世代100 G+インターフェイス、サブシステム、およびシステムテストに対するテスト信号管理を大幅に簡素化します。

概要

mTFX-C1はMAP-200用モジュール式チューナブルフィルターで、外部PCオートメーションシステムよりイーサネットまたはGPIB I/F経由でコントロールできます。光ネットワーク技術を作りかえたり、専用インターフェイスカードで複雑なライブラリを使用したりする必要性を排除します。

次世代LCOS(Liquid Crystal on Silicon:反射型液晶)テクノロジーに基づくmTFX-C1は、画期的チューナブルフィルターです。可変減衰器、スイッチ、パワーメーター、DWDMマルチプレクサー機能を統合することで、コヒーレントインターフェイスやアンプ、DWDMシステム等のフォトニックテストを大幅に簡素化します。TrueFlex™テクノロジーを活用することで、フィルターは連続して中心波長と帯域幅でチューニングが可能で、ITUグリッドに固定されることはありません。既に確立されている接続を中断することなく、すべてサブGHz分解能の複数並列波長経路を作成できます。業界をリードする低損失と帯域外排除の仕様により、テスト信号に対する影響が最小限になります。

mTFX-C1のシンプルで直感的なGUIあるいはSCPIベースのリモートコマンドを使って、正しい波長を正しいテストポートに正しいパワーで、素早く、柔軟性をもって分離、グルーミング、管理、そしてルーティングします。

特長

  • 16GHz~5100GHzの範囲で0.5GHzの分解能で帯域幅を調整できるチューナブルフィルター
  • 低損失(<5.5dB)、連続拡張Cバンドカバレッジ、波長確度±3.5GHz
  • 独立した減衰と出力ポート割り当てを持つ、最大80までの独立フィルター
  • 既存の接続を中断させることなくフィルターの追加/除去が可能
  • 自動シングル/マルチピーク検出アルゴリズム付き内部パワーメーターオプション
  • 伝送パワー損失のない自動ピーク追跡機能
  • 高速でシンプルなGUIとSCPIインターフェイス
  • オプションのSWライセンスで最大8つの出力ポートをサポート

アプリケーション

  • フォトニック通信テストの自動化
  • 100 G+コヒーレントインターフェイステスト
  • ROADMノードエミュレーション
  • DWDMシステムテスト中の信号抽出または挿入
  • アンプによる利得スペクトラム管理とロードトーン生成