MAP: 可変光減衰器(mVOA-C1)
現在地

MAP: 可変光減衰器(mVOA-C1)

mVOA-C1はMAP-200モジュラ・プラットフォーム用、可変光減衰器 (1幅モジュール)です。高分解能、広波長範囲の減衰器です。モジュールごとに1 つまたは2 つのデバイスと共に使用できます。シングル・モード/マルチ・モード・ファイバで使用でき、4 つの標準コネクタ・タイプに対応しています。

概要

MAP-200モジュラ・プラットフォーム用、可変光減衰器 (mVOA-C1)です mVOA-C1は、最小光学損傷で最も高性能光パワー・レベル・コントロール・ソリューションを提供するために、入手可能なテクノロジ(ステッピング・モータとフィルタによる)を使用した減衰器です。<:p>

  • 損失バジェット活用を最小化する超低挿入損失
  • 測定不確実性を減らす高い確度と高再現性
  • テスト時間を減らす速い切り替えスピード
  • マルチ波長アプリケーション(CWDM, DWDM)における波長依存の不確実性を減らすフラット・スペクトラム応答
  • 反射光による不安定さを減らす低後方散乱
  • オプションの内蔵波長較正されたパワーメータにより、外部接続を減らし、不確実性を削減
  • EDFAテストとマルチ波長アプリケーションのために高パワー入力機能

主要機能

  • * 超低挿入損失(<0.9 dB)と傑出したスペクトラム均一性
  • クラス最速切り替え時間(最高25 dB/s)
  • オーダ時の柔軟性の高い構成(ファイバ・タイプ、密度、内蔵オプション、高入力パワー・オプション)
  • オプションの内蔵パワーモニタは包括的な閉ループ・パワーコントロール設定を提供。
  • オプションの高パワー入力機能はシングルモード・ファイバで最高2 W、マルチモード・ファイバで最高500 mWまでの入力パワー・サポート * 自動化プログラム作成サポート用IVIドライバ・サポート

ダウンロード

アプリケーションノート

データシート