ODM光分散測定モジュール: MTS-6000A/8000 プラットフォーム用
現在地

ODM光分散測定モジュール: MTS-6000A/8000 プラットフォーム用

PMD、CD、および減衰プロファイル測定を統合した最小で最もコンパクト・プラグイン・モジュール

概要

光分散測定 (ODM) モジュールは、波長分散 (CD)、偏波モード分散 (PMD)、および減衰プロファイル (AP) 測定を単一の高性能ソリューションに統合した製品です。CD、PMD、および AP テスト機能の統合により、ネットワーク事業者、ファイバの設置業者、およびダーク・ファイバ・プロバイダは、ROADM を使用した CWDM/DWDM や高速 10 GigE/10 Gbps/40 Gbps+ ネットワークなどの新しいテクノロジを含め、すべてのファイバ・システムの特徴を決定できます。

特徴

  • 3 つのアプリケーションを 1 つに統合した多機能テスト・モジュール
  • 世界最小の光分散テスト・ソリューション
  • 低帯域 (1260 ~ 1460 nm) の測定ポイントをサポートした全帯域 CD アナライザ (位相シフト法)
  • 双方向でない構成部品 (EDFA、フィルタなど) のテスト・サポート
  • MTS-8000, MTS-6000 との互換性

アプリケーション

  • 再構成可能な光アドドロップ・マルチプレクサ (ROADM) を含む CWDM/DWDM システム
  • 超高速ネットワーク : 40 Gbps 以上
  • 増幅器が使われている光ファイバ・リンク
  • メトロ、長距離、および超長距離光ネットワーク
  • ファイバ・キャラクタライゼーション

主要機能

  • 非常に高速な CD 取得時間
  • 内部/オンライン波長参照
  • G.652 ファイバでの正確なゼロ波長キャラクタライゼーション
  • 遠端のプラグイン (BBS2A) またはハンドヘルド (OBS-550) 広帯域光源との互換性
  • すべてのテスト構成に対応する単一入力ポート .