OneExpert CATV
現在地

OneExpert CATV

OneExpert CATV信号解析メータープラットフォームは、かってないほど簡単かつ高速、強力にネットワークパフォーマンスの検証とトラブルシューティングを可能にすることで、あらゆる技術者に専門家の能力を提供します。

概要

OneExpert CATVは現場技術者が初めての訪問で問題を完全に解決する手助けをします。マルチタッチの使いやすいインターフェイスとOneCheck により自動化されたテストによって、簡単なダッシュボードに合否結果を明確に示すことで複雑な作業を簡素化します。 モジュール方式により、ケーブルテレビとホームネットワークの将来の長期にわたる使用をサポートします。

時間的なプレッシャーを受けている技術者は、テストを限定して重要な障害を見落とす傾向があり、度重なるサービスコールや顧客の不満につながります。 技術者はまた、末端宅内(Home)におけるかつてないほどの複雑化にも直面しています。 最高レベルの信頼性と顧客満足を維持するためには、サービスプロバイダーは新サービスに適応し、素早く導入して高効率で運用する必要があります。

ビデオによる解説

利点

シンプル - 全ての技術者をスペシャリストに

  • チャネルプランはメーターによって自動的に構築
  • ダッシュボードによる簡素化とRF問題の特定
  • 専門知識を内蔵 – Session Expert による問題特定と解決の支援
  • 素早く簡単にクラウドに接続し、StrataSync™を介してテスト一貫性を確保

迅速性 - かつてない高速テストとトラブルシューティング

  • MER/BERなどのダウンストリームスキャン時間、約60秒
  • イングレスとダウンストリームのテストを同時に実行
  • 業界最速: 半分の時間で15倍のダウンストリームテスト実行

パワフル - 最大の投資効果

  • 業界初:32x8 DOCSIS、Wi-Fi、イーサネット1Gbps テスト対応  
  • 将来のニーズに対応するアドオン式モジュール
  • フィールド交換可能なDOCSISとRF装置による所有コスト削減
  • 42および85MHzまたは65および85MHzネットワーク対応のデュアルダイプレクサーによりネットワーク拡張に対応

アプリケーション

  • TAP、グラウンドブロック、CPE間のサービス問題のトラブルシューティング
  • QAMキャリアとホームネットワークに関する断続的な問題の特定と解決
  • 2.4GHzおよび5GHzネットワーク(北米対応)でのWiFi信号強度と可用性の検証
  • ビジネス・サービスのターンアップとトラブルシューティング
  • TrueSpeedによるギガビットサービスのテスト
  • 点検、パワーレベル、RF性能を含む、PONとRFOGの設置とトラブルシューティング

主要機能

  • DuoPort デザイン - VIAVI独自のPosiScan により、正しく確実に接続してイングレススキャンとダウンストリームテストを行うことで、技術者が初めての訪問で任務を果たす手助けをします。
  • AutoChannel  - チャネルプランの自動特定
  • StrataSync によるクラウド対応により、テスト結果とコンプライアンスを追跡
  • OneCheckダッシュボード - 約60秒でMER/BERなどのラインアップ全体の要約結果を表示し、対応を要する障害を簡単に特定可能
  • 専門知識を内蔵したSession Expert - 技術者間でバラツキなく問題を特定するためのバックグラウンド解析を提供するとともに、技術者が問題を解決する上で役に立つ方策を提案し、簡単なテストに組み込まれたVIAVIの専門知識とアルゴリズムを提供します。
  • ユーザーガイド内蔵 - 作業時にメーターの使用方法をチェック
  • 先進機能:
    • 32x8 DOCSISでギガビット速度を実現
    • WiFi 2.4GHzおよび5GHz、Bluetooth
    • デュアルGigEイーサネット、オプションでONTまたはCMでのテスト用TrueSpeedを装備
    • オプションのファイバースコープとパワーメーター

Stratasync Enabled

StrataSync対応
StrataSync - VIAVI機器の資産管理、構成管理および検査データを可能にするクラウドベースのソリューションであり、すべての機器に対し確実に最新のソフトウェアとオプションがインストールされているようにします。