OSAモジュール – MTS-8000プラットフォーム用高性能OSA-500シリーズ
現在地

OSAモジュール – MTS-8000プラットフォーム用高性能OSA-500シリーズ

WDM及びROADMテスト: MTS-8000用 光スペクトラム・アナライザ(OSA)

概要

光システムおよび光コンポーネントをテストするための全帯域をカバーする高性能光スペクトラム・アナライザ OSA-180及びOSA-500はより進化したテスト・ソリューションを提供するためにデザインされたMTS-8000用次世代DWDMアナライザ・モジュールです。新たなモノクロメーター設計が、大幅に削減されたサイズと重量で、高光感度と抜群の波長精度を実現し、インストール、保守、トラブルシューティング時に DWDM および CWDM ネットワークをテストするための最適なフィールド・ソリューションを提供します。 MTS-8000用OSAモジュールはその測定分解能等の性能により2つのクラスに分かれます。高分解能OSA-18x DWDMアナライザは50GHzまでの狭チャンネル間隔を伴うDWDMネットワーク・テストに適します。超高分解能OSA-500とOSA-500Rは25Hzまでのチャンネル間隔を持つウルトラDWDMネットワーク測定のための業界をリードする35pm分解能帯域幅を持ちます。 OSA-500Rは、ROADMシステムと40Gのシステムにおけるで真のOSNRを測定する新しい技術を搭載しています。

ハイライト

  • ROADMベースシステムにおける真のインバンドOSNR測定機能を搭載したOSA-500R/500RS
  • 高速偏波コントローラの使用により、インバンドOSNR測定時間を劇的に削減

アプリケーション

  • 現行/次世代DWDMシステムの導入と保守
  • ROADMネットワークのプロビジョニングと保守
  • CWDM ネットワークの導入と保守
  • 40G/100G ネットワーク・テスト
  • 光コンポーネントのスペクトラム・テスト

主要機能

  • RODAMや40G ネットワークにおける帯域内OSNR測定機能
  • 超高光分解能
  • 製品のライフに渡り保証された、業界をリードする波長確度
  • 40G および 100G のデータ速度と次世代変調形式に対応する信号解析
  • 信号チャネルの分離と調整可能なフィルタ・アプリケーションを実現するチャネル・ドロップ機能
  • 固定アナライザ方式に基づく PMD テスト・オプション .