OTDR モジュール – MTS-2000、-4000、-5800 プラットフォーム用 4100 シリーズ
現在地

OTDR モジュール – MTS-2000、-4000、-5800 プラットフォーム用 4100 シリーズ

メトロ、FTTx、CATV とエンタープライズ・ネットワーク・アプリケーションをカバーしているOTDRモジュールです。

概要

MTS-4000、MTS-2000 プラットフォーム用OTDRモジュール・ファミリです。メトロ・アクセス(MA)、ラスト・マイル(LM)、4波長サポート(Quad)の3種類のアプリケーションに対応します。これらのモジュールはどのようなネットワーク・アーキテクチャ(メトロからショート・ホール)においても、その性能を最大化できます。

概要と特徴

  • フィールドで交換可能、1スロットサイズ・モジュール
  • イン・サービス・テスト: 1625または1650nmの波長
  • OTDRポートを通しての挿入損失測定(光源とパワーメータ)
  • 初心者(簡単操作)からエキスパート(フル・ファンクション)まで
  • PON波長選択パワーメータ・モジュールと一緒に使用可能

アプリケーション

  • CATV/ワイアレス・バックホール:
    • メトロ・アクセス(MA); シングル・モードOTDR
  • アクセス/FTTx:
    • ラスト・マイル(LM); ポイント-ポイントとPONネットワーク用
    • メトロ・アクセス(MA); スプリッタを通しての、テストを含むすべてのアクセス/FTTxネットワーク・トポロジー・テスト
  • メトロ/CWDM:
    • メトロ・アクセス(MA); シングル・モードOTDR

主要機能

  • ダイナミックレンジ:最高37dB
  • デッドゾー: 最短1m
  • 1モジュールで3波長サポート(1310/ 1550/ 1625nm)
  • 自動トラフィック検出
  • 自動マクロ・ベンド検出
  • PCソウトウェア、FiberTrace(OFS-100)とFiberCable(OFS-200)によるポスト処理とレポート作成。