OTDRモジュール – MTS-6000A、8000プラットフォーム用の8100シリーズ
現在地

OTDRモジュール – MTS-6000A、8000プラットフォーム用の8100シリーズ

エンタープライズ、FTTx、アクセス、メトロ、長距離および超長距離ネットワークのインストール、ターンアップ、およびメンテナンスに使用するOTDRテストソリューション。

概要

VIAVI 8100-シリーズ OTDR EVOファミリーは、「8100B」、「8100C」、および"8100D"モジュールがあり、いかなるOTDRアプリケーション、およびAccess/PON FTTHから超長距離の試験シナリオに対応します。

マルチモードおよびシングルモードアプリケーション用にデザインされたモデルを含む「SRL」 モジュールは、EVOファミリーを完全なものにします。

MTSプラットフォームのテスト機能と完全に結合された8100シリーズOTDRモジュールの光学性能は、テストジョブをたった1回の測定で正確に行うことを可能にします

メリット

  • 業界最先端のデッドゾーンパフォーマンスにより、2メートル間隔でのファイバーイベントの完全特性評価が可能 (EVO ファミリー)
  • OTDR、パワーメーター、光源の結合による柔軟なテスト(EVO ファミリー)
  • 自動トラフィック検出で、OTDRテスト実行時のライブ信号干渉と光送信機への損傷のリスクを防ぎます

アプリケーション

  • エンタープライズ、アクセス、メトロ、長距離、超長距離のファイバーネットワークの特性評価
  • FTTH/PONネットワークの高度な分析とトラブルシューティング。
  • コアファイバーネットワークの40および100Gb/sへのアップグレード
  • ダークおよびインサービスネットワークでのファイバー監視

主な機能

  • 最大50 dBのダイナミックレンジと256,000の取得ポイント
  • 65 cmのイベントデッドゾーンンと2mの減衰デッドゾーン(EVOファミリー)
  • OTDRポートの統合CW光源とブロードバンドパワーメーター (EVO ファミリー)
  • 最大 1x128 光スプリッターのPONテスト向けに最適化
  • 結合されたシングルモード/マルチモードバージョン
  • 1310、1383、1490、1550、1625、1650nmの単一/二/三波長バージョン
  • 1310、1550、インサービス1650nm波長の単一コネクタポート
  • 自動双方向OTDR、IL、ORL測定のFiberCompleteバージョンで利用可能