PMD(偏波モード分散)測定モジュール : MTS-6000A, 8000プラットフォーム用
現在地

PMD(偏波モード分散)測定モジュール : MTS-6000A, 8000プラットフォーム用

メトロ DWDM ネットワーク・テストでの、高速で、コスト・パフォーマンスに優れた偏波モード分散テストを提供.

概要

偏波モード分散 (PMD) アナライザを MTS-6000 および 8000 プラットフォームと組み合わせることにより、あらゆる PMD 測定要件に対応する軽量で耐久性のあるフィールド測定器となります。MTS では、各種の測定ニーズへの対応に加え、柔軟性と安定性が加わることにより、測定能力と機能性が強化されています。この機器は、プラントの外部 (OSP) 環境でも内部 (CO) 環境でも使用できます。直感的なユーザー・インターフェイスにより、初心者にも熟練ユーザー向けの高度な分析機能が容易に使用できます。標準化されたソリューション: PMD テスト・モジュールは、ITU-T G.650.2、IEC 60793-1-48、および EIA/TIA 455 FOTP 113 で標準化されている固定アナライザ法に基づいています。スペクトラムから、強度変調の平均周期が測定されます。固定アナライザの応答は波長によるパワー変動をフーリエ変換することによって時間領域にシフトされ、微分群遅延 (DGD)の平均値が (強力なモード結合を使用するファイバ・リンクの) ガウス曲線によって決定されます。

主要機能

  • ITU-T、IEC、および TIA/EIA によって標準化されている固定アナライザ法
  • 業界で唯一のテーブル・ドロップ・テスト済み PMD テスト・ソリューション
  • 6 秒で測定を実施
  • 複数の EDFA を介する環境下での測定実現
  • 埋設ケーブル、架空ケーブル、海底ケーブル、増幅および非増幅リンク、短距離から超長距離まで、あらゆるテスト・シナリオに対応。
  • コスト・パフォーマンスに優れた、1 スロットモジュール。OSA モジュールと組み合わせ、スペクトラム減衰テスト等実現.