TrueSpeed™ (トゥルースピード)RFC 6349準拠TCPスループト・テスト: MTSシリーズ トランスポート テストモジュール用
現在地

TrueSpeed™ (トゥルースピード)RFC 6349準拠TCPスループト・テスト: MTSシリーズ トランスポート テストモジュール用

トゥルースピード(TrueSpeed)は業界初のRFC-6349準拠TCPテストほ実行します。サービス・プロバイダは約5分間で新規に導入したサービスのTCP実スループット・テストを実施できます。

概要

従来、RFC 2544などのレイヤ2/3のターンアップ試験は、Ethernetサービスをインストールする時に実施されていました。プロバイダはRFC 2544試験 (またはさらに最新のY.1564)で自身のネットワークを認証しているにもかかわらず実際の業務でエンドユーザからアプリケーションの性能が悪いと不満を聞かされていました。インストール時の試験におけるギャップ、すなわちエンドユーザのアプリケーション層で最高性能を出すために重要な要素である、トランスミッション・コントロール・プロトコル(TCP) レイヤの試験を省いていることがこのギャップの原因です。

このテスト・ギャップは、ネットワーク・プロバイダが自分たちのお客様のようにはネットワーク性能を知ることができないため、エンドユーザが使い始める前にTCPレイヤの性能を検証できるソリューションが必要です。TCPレイヤでの試験は、顧客先で再調整調整作業、技術サポート、顧客離れを無くし、プロバイダの運用費用 (OpEx) に非常によい影響を与えます。

VIAVIが提供する、トゥルースピード(TrueSpeedTM)は業界初のRFC-6349準拠TCPテストほ実行します。サービス・プロバイダは約5分間で新規に導入したサービスのTCP実スループット・テストを実施できます。

RFC 6349ベースの試験を取り入れたRFC 2544やY.1564によるサービス・アクティベーションが増加することで、プロバイダとお客様の経験は同じになり、運用費用が大きく削減され、お客様の第一印象に大きな違いが生まれ、末永くおつきあいいただけることで企業の収益性も向上します。

お客様と同じ視点でネットワークを見てください