TrueSpeed VNF
現在地

TrueSpeed VNF

RFC 6349準拠の仮想ネットワーク機能としてのスループットテスト

概要

TrueSpeed VNFは、通信事業者および企業ユーザーに、再現性のある、規格ベースのテスト方法を提供することで、ネットワーク性能の悪さに関する苦情をかつてない速さで解決します。

 
エンタープライズ・アプリケーションからクラウドへの移行、数限りないアプリからの高速LTEモバイルデータの蔓延、およびコンシューマー・ブロードバンドにおけるオーバーザトップ(OTT)ストリーミングビデオの激増が相まって、ネットワークデータ容量への負担が増大しています。一方、高品質データサービスへの顧客の期待は徐々にエスカレートしており、期待が満たされないことによる顧客離れが増加しています。
 
TrueSpeed VNFを使用すると、通信事業者は商用オフザシェルフ(COTS)サーバーリソースのインストールベースを活用し、自社のネットワークにおける顧客体験を素早く評価し、問題を解決するために使用できる実用的な情報を取得できます。IETF RFC 6349 TCPスループットテスト方法に基づくTrueSpeed VNF性能テストは、ネットワーク品質の中立的な第三者評価の役割を果たします。VMwareハイパーバイザー、Red Hat Linux、およびx86のコンピューティングリソースと連携し、仮想ネットワーク機能(VNF)として機能するため、TrueSpeed VNFは素早く導入して、通信事業者または企業のネットワークのあらゆる部分の高信頼性テストを実行できます。
 
主な利点
 
  • 顧客の苦情を素早く解決
  • イーサネットおよびIPサービスにおける顧客満足度を向上
  • 技術者が現地に出張して対応するのではなく、ヘルプデスクを拠点とする遠隔テストを実施
  • 技術者によるRFC 6349準拠TrueSpeedテスト調整を低減
 
アプリケーション 
 
  • ビジネスサービスおよび住宅カスタマーケア用テスト
  • モバイルバックホールの検証およびトラブルシューティング
  • 住宅ISPインストールテスト
  • メトロおよびコア・ネットワーク・メッシュ・テスト