VSE-1100
現在地

VSE-1100

業界初となるデジタルスペクトラムビデオアナライザとノイズトラブルシューティングを統合したプラットフォーム。集中型ケーブルアクセスプラットフォーム(CCAP)とリモートPHYの展開の課題に対処するように設計されています。

概要

VSE-1100は業界初となるデジタルスペクトラムビデオアナライザとノイズトラブルシューティングを統合したプラットフォームです。集中型ケーブルアクセスプラットフォーム(CCAP)とリモートPHYの展開の課題に対処するように設計されています。

VSE-1100を導入すると、ケーブルサービスプロバイダはビデオおよびスペクトラム分析を使用して最適なネットワークパフォーマンスを維持しながら、高速、簡単、予防的なメンテナンスとトラブルシューティングができるようになります。 平均修復時を短縮するために革新的なアップストリームテストモードでトラブルシューティングを加速します。 タブレット型(IPAD)のユーザーインターフェイスと測定エンジンにより、操作とリモートテストの性能を単純にしました。

特長

  • -ケーブル用に特別設計された業界初のグラウンドアップ統合スペクトラムとビデオプラットフォームで、サービスレイヤーから物理レイヤーまでのテストを実行
  • アナライザプラットフォームに備わる最速、最強のアップストリーム検証とトラブルシューティング機能
  • すべての技術者が専門家になれる最も直感的なユーザーインターフェイス
  • 業界最小、最軽量のデジタルスペクトラムビデオアナライザプラットフォーム

アプリケーション

  • CCAPおよびRemotePHYアプリケーションの迅速で一貫したロールアウトとトラブルシューティングの検証
  • 技術者がネットワークセグメント上で作業し、最初から迅速かつ完璧に問題を解決することで、トラブルシューティングを加速
  • MPEGとRF分析の連携—技術者がネットワーク上で問題を追跡することによるMTTRの短縮
  • エンドユーザーの顧客満足度に影響を及ぼすアップストリームの問題を的確かつ迅速に特定
  • インパルスノイズとイングレスの明示によって断続的問題の解決を加速

主要機能

  • FFTとオーバーラッピングリアルタイムVIAVI Hyper-Spectrum™による一時的な干渉やノイズの即座検出
  • 携帯性に優れたMACTrak™がアップストリームのシグナルを復調し、コードワードエラーや直線歪を検出
  • AutoChannel™は自動チャネルプログラム検出やチャネルプラン作成などの革新的な手法によるコンテンツに合ったチューニングを実行。
  • ライブトランスポートストリーム表示機能によるMPEGエラーの可視性とポストキャプチャ分析による、困難なビデオ関連の問題のトラブルシューティングを支援
  • 業界初の1画面に全チャネルのスペクトラム、レベル、MER測定値の表示
  • 標準的なスペクトラム分析ツールではしばしば見落とされる帯域内およびサービス内不具合測定による繰り返し測定の回避

重要事項: このページに記載されている仕様、技術データ、他の情報、さらに特定の製品についての記述は、プレリミナリを含みます。  情報は予告なく変更される場合があります。 詳細についてはVIAVIまでお問い合わせください。

Resources