Xgig 1000:  PCIe Gen3 & NVMe アナライザ
現在地

Xgig 1000:  PCIe Gen3 & NVMe アナライザ

業界最強Xgig 1000 PCIe Gen3 and NVMe 解析システムは拡張トレースと解析機能を伴うトラフィックの完全なモニタ機能を提供します。

概要

PCI Express NVM ExpressPCIe Gen3 及び NVMe用Xgig 1000 アナライザは、高速シリアルプロトコル解析ソリューションのViaviファミリの最新製品です。これは、シームレスに既存のXgig ファミリ(SAS、SATA、イーサネット、FC、およびFCoE•アナライザ)とのシームレス接続し、今日の複雑なマルチプロトコル環境内のすべての高速トラフィックの統合トレースビューを提供します。

この強力なツールは、全SSDベースのNVMe、PCIe及びAHCI-SATA Expressのトラフィックに対してトリガを掛け、キャプチャを行います。トリガ機能は、スピード変更、MSI+MSI-X、及び全NVMe標準とカスタムOPコードを含みます。アナライザのキャプチャ機能は、PRPテーブルやダイナミックキューのアップデートのようなNVMe固有の機能を表示します。また、64Gバッファ(32 Gx2)はレーン幅独立で、フルバッファキャプチャは全トラフィック(X1、X2、X4およびX8)をサポートします。

アナライザは標準x8 PCIe Gen3インターポーサ付で出荷します。或いはアナライザは個々のお客様の必要に応じた解析/ソリューションのための専用構成にて出荷します。SFF8639、M.2、およびロープロファイル サーバーインターポーザ ソリューションも提供しています。Viaviはまた、今日の接続の課題の多くを解決するサードパーティ製のケーブルとボードソリューション アレイを持っています。詳細については、お近くのViavi担当者にお問い合わせください。

  • 全リンク速度でネイティブPCIeおよびPCIe Gen3をサポート
  • メッセージ付完全なトリガ機能を備えたNVMeをサポー
  • TLP、DLLP、トレーニングシーケンス、オーダセット、キューペア、PRPs、およびコンフィギュレーショスペースを含む全PCIe/ NVMeトラフィックをデコード
  • 時間同期トレース上のパケットを表示; プロトコルは、デバッグを容易にするためのオン/オフ機能付
  • SRISをサポート
  • 全NVMeおよびPCIeデータをテキストにデコード; これ以上のスペック参照不要
  • 単一のトレース上のマルチプロトコルパケットを表示するために他のViavi•アナライザでカスケード接続可能
  • ポータブル、軽量、およびスタンドアロン型

データシート

マニュアル/ユーザーガイド