Xgig 10GbE/FC/FCoEアナライザ
現在地

Xgig 10GbE/FC/FCoEアナライザ

VIAVI Xgig 10GbEおよびファイバーチャネルアナライザは、10Gファイバーチャネル、10GbE、iSCSI、FCIP、iFCP、iWARPなど、さまざまなストレージプロトコルのライブトラフィックを監視・分析するための多目的な最新ソリューションです。

概要

Xgig FCoEアナライザは高度な分析機能を豊富に提供しているので、製品の市場投入を遅らせることなく、より信頼性の高い製品を構築できます。 インテリジェントトリガ、自動キャプチャ、Xgigエキスパート分析などの広範な機能により、トラブルシューティングの時間が数時間から数分へと短縮されます。

業界で最も進んだ機能:

  • フルラインレートで100%キャプチャしたネットワークの振る舞いを可視化
  • ブレードごとに16GBまでの業界最大のトレースメモリで、複数のトレースをキャプチャ
  • 約200種類の異なるストレージプロトコルのライブトラフィックをすべて1つのプラットフォームで分析
  • 業界最強のトレース機能と最先端の監視機能によって、トラブルシューティングを合理化
  • ハードウェアベースのキャプチャで最大5 nsという比類ないタイムスタンプ分解能
  • フレキシブルな接続方法でシグナルインテグリティに対するアナライザの影響を最小化して、テスト設定の簡易化と精度の向上を実現

 

Xgigの標準機能に加えて10 Gb/s FCoEアナライザ:

  • 標準のFCoEプロトコルに最新のプロトコル対応分析を提供、FCoEのドラフト提案を作成して、開発のあらゆるステージでユーザーをサポート
  • マルチプロトコルのサポートとクロスプロトコルを連携させることで、ユニークなFCoEエラーと状態を特定
  • 高度なFCoEデバッグ処理とトラブルシューティングにプロトコル対応の専門サポートを提供
  • テスト設定を簡易化し、光接続とメタル線接続の両方にフレキシブルなサポートを提供することで、より正確な分析を実現
  • 強固な業界の協業態勢を通して相互運用性と標準準拠を保証