Xgig 10GbE遅延エミュレータ
現在地

Xgig 10GbE遅延エミュレータ

遅延エミュレータはテストのセットアップと構成を簡略化し、強力で拡張性の高い機能を提供します。これらを使用することで、実世界の多様な運用状況を正確にエミュレートできます。

概要

Xgig 10 GbE遅延エミュレータは、広範な遅延ベースの伝送問題のテストと検証を簡略化し、促進します。遅延ベースの伝送問題としては、伝播の遅延、プロトコルのマルチパスルーティングが原因のパケットストリームの遅延、キューの遅延、遅延ジッタ、構造処理の遅延エラーによって生じるパケット/フレームの再編成などがあります。 Viaviの開発、テスト、エンジニアリングに関する豊富な経験を基に構築された遅延エミュレータは、使いやすさにこだわりながら業界最先端の機能が搭載されています。

特長

  • 物理的距離の遅延の生成
  • キューベースの遅延
  • 遅延ジッタの制御
  • パケット/フレームの再編成
  • シンプルでコスト効果の高い設置

アプリケーション

  • コロケーションデータセンターのストレージ、リモートバックアップ、災害復旧など、用途に応じてエミュレートされたさまざまな距離で、ネットワーク接続に行なうストレステスト
  • ネットワークノード間の距離を設けるために使用されるファイバーのスプールを排除することで、テストのコストと複雑さを大幅に軽減。
  • イーサネット上のレーテンシジッタの影響と分散型アプリケーションのパフォーマンスや信頼性を正確に測定
  • 順序の狂ったパケットやセッションタイムアウトなどの条件から輻輳管理パフォーマンスとシステムエラーリカバリ、リンクのフェイルオーバーなどを検証
  • システムソフトウェアとハードウェアの構成を最適化するために、接続の距離/遅延を動的に調整
  • 衛星や超長距離の通信リンクを介してパフォーマンスの低下をテスト

主要機能

  • 10 nsの遅延分解能で30 μsから1.5 s(エミュレートされたファイバーでは6~300,000 km)の遅延を動的に制御
  • 2段階のトリガで、8種類の異なる遅延プロファイルに対応
  • 固定、増分、ランダム、ジッタベース(デタミニスティクスとランダム)など、複数の遅延モード
  • 最大8パケット/フレームのフレーム再編成
  • Xgigアナライザ、Jammer(ジャマー)、ロードテスタなどをフル搭載

パンフレット

データシート