RFoCPRI (RF over CPRI) による干渉解析

RFoCPRI の利点

現代の移動体基地局は分散アーキテクチャをとっており、基地局トランシーバーサブシステム (BTS) を以下の 2 つの主要素で構成されています。

  • 鉄塔のふもとにある BBU (ベースバンFドユニット)
  • 無線周波数 (RF) 機能を実行する、鉄塔先端のアンテナ近くにある RRH (Remote Radio Head)

BBU と RRH は CPRI (Common Public Radio Interface) 経由で通信します。RF アクセスは鉄塔の先端でのみ可能なため、干渉の検出は難しく、危険でコストがかかる作業になりがちです。

RFoCPRI (RF over CPRI) テクノロジーは鉄塔のふもとから効果的な干渉解析を可能にすることで、鉄塔作業を最低限にして安全上の懸念を減らし、メンテナンスコストを削減します。

RFoCPRI を活用するには、信頼できる CPRI テスト機器が必要であり、VIAVI は業界で初めて CPRI サポートを市場投入しました。VIAVI は、当社の CellAdvisor 基地局アナライザや MTS-5800 ハンドヘルド (携帯) ネットワークテスターで RFoCPRI テストを提供しています。

下の表から用途に合ったオプションをお選びください。

 CellAdvisor 基地局アナライザーMTS-5800
バックホール検証 (RFC 2544、Y.1564)-Y
同軸ケーブルの挿入利得 / 挿入損失オプション-
CWDM の設置とメンテナンス-オプション
端面検査YY
干渉波の探索オプション-
光パワーYY
OTDR-オプション
PIM 検出Yオプション
RF ケーブルおよびアンテナ解析Y-
RF パワーY-
RF スペクトラム解析 (OTA)Y-
RFoCPRI (レイヤー 1/2、干渉波)オプションオプション
RFoOBSAI (レイヤー 1/2、干渉波)オプション-
信号解析オプション-

Easily Test Remote Radio Head Operation with CPRI and OBSAI

鉄塔に登っておこなう作業が不要に!RFoCPRIを使って地上のBBUでRFのトラブルシューティングとメンテナンスを行う。

Learn about the role of CPRI in C-RAN, and best practices for testing.

インドのティア1通信事業者は、RFoCPRIテクノロジーを利用することで、鉄塔に登ることなく、ノイズが増えた根本原因を突き止めました。

BBUエミュレーション機能によりコミッショニングの前に無線設置、設定、および運用を検証することで、基地局設置が簡素化されます。