光ファイバーツール

VIAVI の光ファイバーツールは、光ファイバーネットワークの最適なパフォーマンスを確保しながら、ネットワークの効率的な導入、保守、テストを支援します。

あらゆる作業者のための光ファイバーツール

今日の多様な通信技術環境で有用性を維持するためには、光ファイバーの洗浄、検査、テスト、監視を行うための多様なツールセットと機能が必要になります。高度な光ファイバーツールは、円滑な認証、トラブルシューティング、メンテナンスを可能にし、その一方で、監視装置と最新鋭の OTDR 装置は、機密性の高い光ファイバーネットワークの中断のない完全性をサポートします。

これらのツールは両方で、必要不可欠な光ファイバーネットワークを配備・維持し、その最適なパフォーマンスを持続させる手段となります。

カテゴリー

VIAVI のアッテネータは、現場、ラボ、製造環境で固定光アッテネータから可変光アッテネータまで、幅広いパワーバランシングオプションを提供します。
Optimeter
Ensure Smooth FTTx Service Installation and Activation
Fiberchek Sidewinder
VIAVI では、ファイバーの検査は業界をリードする光ファイバーテストソリューションの当社ポートフォリオの中核です。
ネットワークトラフィックを中断することなく、インサービスファイバーを簡単に識別できます
OVF-1 Visual Fault Locator
光ファイバーネットワークの障害、破損、湾曲をすばやく簡単に検出できます
ONMSi Remote Fiber Test System (RFTS)
Industry-Leading Fiber Optic Monitoring System
SmartPocket V2 OLS-35V2/-36V2 Optical Light Sources
VIAVI は、光ファイバーネットワーク用の最も包括的な光源およびパワーメーターキットを提供しています。フィールド、ラボ、および製造環境では、複数の波長の組み合わせを使用できます。
ONMSi Remote Fiber Test System (RFTS)
業界トップのモジュール式光ファイバーセンサ、ポータブルおよびラックマウントオプション
すべてのネットワークにとって不可欠な光ファイバー検査ツール
Fiberchek Sidewinder
世界中で実績のある業界トップ、専用の MPO テストソリューション
長距離、メトロ、FTTx/PON、電話会社アクセス、および企業/データセンターネットワーク用の高速でコスト効率の良い革新的なソリューションです。
SmartPocket V2 OMK-35V2/-36V2/-38V2 Optical Test Kits
光ファイバーネットワークの導入および保守には、VIAVI パワーメーターが不可欠です。マルチユースから専用 PON および FTTH まで、幅広い機能をデモします。

業界トップの光ファイバーツール

50 年以上前に、超透明ガラス繊維、デジタル信号、レーザー光学の組み合わせによるメリットが実現し、通信技術の新時代が到来しました。それ以来、信号伝送、接続形式、増幅の革新的な進歩により、飛躍的な帯域幅の増加と品質の向上が何度にもわたり実現しました。こうした変化が、現在の光ファイバーツールの高度な世代を牽引しています。クリーニングや検査から電力および損失のテストに至るまで、光ファイバーツールのあらゆる側面が、光ファイバーの革命に大きく貢献しています。

  • ファイバー検査、識別子&障害ロケータ

    接続性と帯域幅の消費が常に増加しているため、光ファイバーと接続ポイントの状態を評価して保守することが、これまで以上に重要になっています。

    光ファイバーは長距離や過酷な環境条件に適した非常に低損失の媒体として知られていますが、ファイバーの断面は小さく繊細なため、特にファイバーの終端や接続部では損傷や汚染の影響を受けやすくなっています。光ファイバーネットワークに対する帯域幅の需要増が加速し、汚染や損傷がこの作業をさらに困難にする可能性があるため、損失予算の範囲内にとどまることがますます重要になっています。そのため、優れた光ファイバーツールを使用することが非常に重要なのです。

    2000 年代初頭に最初のデジタルファイバースコープが登場して以来、ファイバーコネクターおよび端面検査ツールは、高解像度イメージング、オートフォーカス、自動検査ルーチンなどの機能を組み込み進化してきました。

    HP3 シリーズシステムなどの高度なハンドヘルド型ファイバー検査ツールは、端面検査と光パワー測定を 1 つの統合デバイスに組み込んでいますします。ビジュアルフォルトロケータ(VFL)は、数十年にわたって端面検査と識別のベストプラクティスの中心となってきたもう 1 つの種類の光ファイバーツールです。強力な VFL ファイバーテスターにより、長距離のファイバーの完全性を検証し、曲げ、破損、損傷した領域を素早く特定できます。Fi-60 光活線識別機のような新しい多目的ファイバー光テスターは、光信号を検出しながら、光ファイバーに直接接続することなく、光ファイバーの長さに沿った任意の場所でインライン光パワーをテストできます。

  • 端面検査&クリーニング

    端面のクリーニングの重要性は明らかですが、保守やトラブルシューティングの際に、その実施が見過ごされたり、過小評価されたりすることがあります。MPO などの高密度に実装されたコネクターインターフェイスや、波長分割多重(WDM)などの高度な伝送テクノロジーの展開により、信号損失を軽減するためにクリーニング方法を改善する必要性が増しています。

    CleanBlast などの高度で繰り返し使用可能なクリーニングシステムを使用すると、コネクターの汚れを確実に効率的に除去できます。このシステムには、6.4 インチ LCD 画面を備えた一体型プローブマイクロスコープがオプションで用意されており、現場で視覚的に確認することができます。さらにクリーン性を改善するために、特定のアプリケーションや技術にカスタマイズした光ファイバーツールも開発されています。

    ハンドヘルド型の FiberCheck サイドワインダーは、MPO などの多芯コネクターインターフェイスに直接接続するため、フェルール内の各研磨ファイバー終端に正確にアクセス、位置合わせ、表示、認証することが簡単にできます。多様な検査要件に対応する汎用性を備えた、より一般的な光ファイバーツールも用意しています。

    VAI/FVDi ベンチトップ型マイクロスコープは、製造現場またはラボでファイバー端面の状態を検査するために使用できます。3.5 インチ LCD ディスプレイを搭載したこのオールインワンシステムは、外部 PC やモニターを使用せずに、検査、テスト、結果の保存が可能です。

  • 小型でありながら強力な光ファイバーツール

    ムーアの法則とレーザーおよびバッテリー技術の改良により、近年、小型化されいるものの強力な光ファイバーツールが実現しています。かつてはラック全体を占有していた一連の機能が、驚くほどの効用を備えて指先サイズのデバイスに収まるようになりました。ボールペンのサイズの完全なファイバーライトテスターを使用して、シングルモードとマルチモードの両方のファイバーの障害を正確に検出し、以前はフルサイズの VFL ファイバーテスターでしか見られなかった機能を提供できるようになりました。コンパクトな OFI VFL は、635 nm の可視レーザー光を生成し、連続モードと点滅モードの両方に対応しています。

    フル機能のパワーメーターは、標準の USB(サム)ドライブと非常によく似たパッケージに収納できるようになりました。MP-60/-80 ミニチュア USB 2.0 パワーメーターは、長距離回線のアプリケーションでも高度な電力損失測定を実行できます。また、VIAVI 光ファイバー光源テスターと併用して、個々のファイバーを識別したり、変調周波数を検出したりすることもできます。 

    P5000i ファイバーと呼ぶ VIAVI USB ベースのマイクロスコープなどのその他の光ファイバーツールを使用すると、自動化された信頼性の高いファイバー終端の合否判定認証を手のひらで実施できます。

  • ファイバー監視 OTU

    クリーニングおよび検査プロセスは、認証および保守のために定期的に実行されますが、当社はこれらのネットワークに依存して接続性を確保し、その固有の感度を確保しています。つまり、光ファイバー網の損傷、セキュリティ侵入、またはパフォーマンスの低下を 24 時間 365 日監視することが、現在では事実上必要なのです。 

    リモートファイバー監視は、光ファイバーネットワーク全体のパフォーマンスを中央から監視するための実用的なオプションです。このアプローチを使用すると、障害を素早く特定し、アラートをリアルタイムで送信して MTTR を短縮できます。光テストユニット(OTU)は、データセンター、産業施設、市政機関、海底ケーブルアプリケーションなどの光ファイバーの状態を継続的に監視するために使用できる光ファイバーツールです。

    世界中で実績のある OTU-8000 および OTU-5000 システムなどの自動 OTU 機器は、OTDR と光スイッチテクノロジーを組み合わせ、最大 1080 ポートまでの拡張性を備えています。 

    OTU を使用すると、構築フェーズとアクティブ化フェーズから光ファイバー網の生涯を通して、ファイバーのパフォーマンスを監視できます。また、OTU は、ファイバーへの侵入や不正な盗聴を検出することで、ネットワークを効果的に保護します。OTU は、スタンドアロンのファイバーテスターであるか、またはオープンネットワーク監視システム(ONMSi)と組み合わせて、自動化、可視性、および資産の管理機能を強化できます。ONMSi には、ステータス、診断、マッピングを瞬時に行うための直感的なダッシュボードが用意されています。

  • 光ファイバーセンサ

    OTU-8000 は、DTS および DTSS(温度ひずみ分散)測定を使用して、光ファイバーで発生する温度とひずみを監視するためにも使用できます。定期トレースは、測定値がベースライン条件から離れすぎている場合にアラーム状態を生成します。 光ファイバーセンシングは、軽量、パッシブファイバー状態、EMI 耐性、低減衰など、電気センシングに比べて固有の多くの利点を備えています。 

    OTDR を使用した光ファイバーセンシングは、ファイバースパンの長さ全体にわたって、任意の場所での温度異常またはファイバー伸長イベントの位置に関する正確なデータを提供できます。インフラ用の追加の光ファイバーツールとセンシングアプリケーションには、制限がないように見えます。パイプラインを監視して、地面の動きと機械的な変形を発見できます。電源ケーブルを監視してホットスポットを発見できます。光ファイバーセンシングは、原子力発電所や病院などの高い感度が要求される場所でも、電気的な検知を妨げる可能性のある停電を心配することなく、継続的に温度を監視します。

  • 光ファイバーテスター

    光ファイバーツールの初期から、光パワーメーター(OPM)は、光ファイバーネットワークの電力を正確に測定するための重要なツールでした。OPM は、広い範囲のレーザー波長で作動し、相対電力または絶対電力を測定できます。 SmartClass ファイバー OLP-85/-85P OPM は、1 nm 刻みで 800 nm~1700 nm の波長測定範囲を実現する、正確で汎用性の高い光パワーソリューションです。コンパクトな P5000i デジタルマイクロスコープは、補助的な端面検査用の簡単に統合可能なオプションを提供します。

    OPM を光ファイバー光源テスターまたは VFL ファイバーテスターと組み合わせると、組み合わせたシステムは光損失テストセットと呼ばれることがよくあります。 SmartClass ファイバー OLTS-85/85P は、業界標準に準拠した効率的な Tier 1 ファイバー認証に使用できます。長さと光損失を同時に測定できるほか、極性の確認や終端の検査にも便利です。 

  • MPO テスト

    多芯ファイバープッシュオン(MPO)コネクターは、1980 年代半ばに最初に開発された機械式トランスファー(MT)フェルール技術を使用して、単一ポリマーフェルール全体にファイバーのリニアアレイを作成します。MPO コネクターは、同じ設置面積でデュプレックス LC コネクターの 12 倍以上の密度を提供します。スペースを効率的に使用することで、MPO のテスト、検査、およびクリーニングに必要な密度とアクセス性の課題が発生する可能性があります。このため、パラレル光の固有の課題に対処するように設計および構築された光ファイバーツールが登場しました。

    SmartClass ファイバー MPOLx を使用することにより、ネイティブ MPO 接続を使用したネットワークリンクの Tier 1 認証過程を大幅に簡素化できます。MPO の長さ、光損失、極性、および終端認証はすべて、MPO インターフェイスの適応や変換を必要とせずに直接実行できます。OTDR テストは、MPO の直接接続によって複雑さが軽減され、テストの実行を高速化できるもう 1 つの領域です。多芯ファイバー MPO スイッチは、ブレークアウトケーブルやアダプターが不要で、OTDR によって自動的に制御されます。

  • OTDR とファイバーの特性評価

    OTDR およびファイバー特性評価検出機能により、ライブ信号干渉のリスクを軽減します。高解像度マルチモード OTDR ソリューションなどのその他のポータブルデバイスは、航空機や船舶などの非常に短い距離の特性評価をサポートするために、短いイベントおよび減衰デッドゾーンで設計されています。 OTDR テストの詳細については、こちらをご覧ください。

詳細を見る

ビデオ

FiberChek Probe How-To Videos

ポスター

Important Factors for Choosing an Optical Time Domain Reflectometer (OTDR)

端面検査プローブマイクロスコープのパンフレット

あらゆるステップでのサポート

VIAVIは、サポート、サービス、総合的なトレーニング、お客様が必要とするリソースを提供しています。これはすべて、お客様のVIAVIへの投資価値を最大化するために当社が日頃より行っていることです。

最適な総所有コスト(TCO)を実現するためにお客様のVIAVIシステムソリューションおよび機器ポートフォリオを補完する付加価値サービス

カスタマーサービスは、商品返品承認(RMA)番号を発行して修理や校正サービスを行います

新製品や既存のツールで作業を行う技術者に向けた技術教育ソリューション、製品トレーニングおよびブレンド型学習

技術支援センターは、製品の活用や設定の支援、製品の性能上の問題に対処します

エキスパートに尋ねる

詳細、価格のお見積りについてお問い合わせください。Viaviのエキスパートがお客様のあらゆる質問にお答えします。