CWDM OTDRモジュール – MTS-2000、-4000 V2、-5800プラットフォーム用4100シリーズ

インサービスのCWDMファイバーネットワークの配備、メンテナンス、トラブルシューティングのためのCWDM OTDRテストソリューション

VIAVI CWDM OTDRソリューションにより、ケーブル事業者、ダークファイバープロバイダ、通信サービスプロバイダは運用中のC-RANやDAS、モバイルフロントホールCWDMネットワークをMUX/DEMUXを使ってテストしたり、完全なエンドツーエンドのリンク特性評価やトラブルシューティングを行うことができます。

利点

  • 市場で最もコンパクトなCWDM OTDRソリューション:わずか2つのOTDRモジュールで18のWDM波長に対応
  • ネットワーク配備/構築中のエンドツーエンドのリンク特性評価
  • 運用中のチャンネル通信を妨害することなく、新しいCWDM波長のルートのテストおよび障害箇所をピントポイントで特定
  • CWDMスペクトラムアナライザモジュール(COSA-4055)と組み合わせて運用中のCWDMチャンネルの波長とパワーレベルが測定可能

アプリケーション

  • 正確なCWDM波長によるエンドツーエンドリンクの特性評価
  • インサービスのテスト機能による運用中のネットワークのトラブルシューティング
  • 連続波供給機能によるエンドツーエンドの連続性の検証

主な特徴

  • CWDM8U:8波長バージョン(1471nm~1611nm)
  • CWDM10U:10波長バージョン(1431nm~1611nm)
  • CWDM10L:10波長バージョン(1271nm~1451nm)
  • 変調機能付きCW光源内蔵(OTDR波長と同じ)
  • スマートリンクマッパー(SLM)オプションは、イベントを自動的に判断するため、オペレータの解釈判断ミスを排除します(OTDRトレースをスプライス、コネクター、MUX/DEMUX等のアイコンに変換)。
  • MTS-2000、-4000 V2、-5800プラットフォーム互換

サービス

Repair & Calibration

Our products live in rugged environments for over 10 years with 1000s of test connect/disconnect cycles.  We will be there to support you to ensure components that require maintenance like connectors, batteries, and software updates to ensure you are ready to test accurately for years to come. We apply factory procedures that use fast, automated calibration and functional verification, maintenance using OEM parts and the application of all engineering change orders and software updates. Services are available through contract Care plans, FleetCare or per incident as requests. 

Top 4 Reasons to Choose VIAVI for Your Repair and Calibration Needs:

  • Minimize business disruption
  • Budget
  • Measurement Accuracy and Product Reliability
  • Measurement Compliance, TL9000 certification and OEM Standards

Explore More


まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。