FiberComplete 統合損失、ORL、および OTDR モジュール – MTS-2000、-4000 V2、-5800、-5800-100G プラットフォーム用 4100 シリーズ

FTTx/PON、アクセスおよびメトロネットワークのインストール、ターンアップ、およびメンテナンスに使用する自動双方向 IL、ORL および OTDR テスト ソリューション。

独自の自動化ソリューションにより、光ファイバーネットワークの導入時のテスト時間を 40% 短縮します。VIAVI 4100 シリーズ FiberComplete ファミリーは、双方向挿入損失(IL)、双方向光学反射損失(OCWR 方式を使用した ORL)、遠距離および双方向 OTDR またはフォルトファインダーを、1 本の光ファイバー接続で、1 度のボタン操作により自動的に実行できる初のソリューションです。OTDR テストファイバーテスト、 パッシブ光ネットワーク(PON) 、および XGS-PON の詳細をご覧ください。

これは、スプライスとコネクターの特性を把握し、障害を特定できる、市場で唯一の双方向損失テストです。

特長

  • 1 つのテストモジュールに最大 6 台の測定器を収容できます。
  • 1 回のファーバー接続、ワンタッチで自動測定。
  • テスト中のファイバーを使用した、リアルタイムの導通試験と製品ペアリング。
  • フォルトファインダーモードによる即時トラブルシューティング。
  • 合否表示とレポートの直接作成によるワークフローの最適化。
  • MTS-2000、-4000 V2、-5800 プラットフォームと互換性があります

アプリケーション

  • アクセス、ミドルマイル、メトロネットワークの導入とコミッショニング。
  • 光ファイバーリンクのメンテナンスとトラブルシューティング。
  • FTTH/PON ネットワーク構築と FTTH /パッシブ光ネットワーク(PON)の検収

主な特徴

  • IL/ORL テストリファレンスを初めて取得するためのステップバイステップウィザード。
  • ファイバーまたはケーブル結果の管理。
  • 事前定義済み/ユーザー定義のしきい値。
  • メトロアクセス(MA)および メトロ -PON(MP)OTDR と互換性があります。

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。