MAP 光マトリクススイッチ(mOSX)

MAP シリーズ mOSX-C1 光マトリックススイッチは、より広範な VIAVI テスト自動化スイッチポートフォリオの一部です。mOSX-C1 は単なるスイッチではなく、低損失で柔軟性の高いテストパスマネージャです。スイッチファブリック全体に複数のテストパスを接続することで、並行テストプロセスが可能になり、テストコストを大幅に削減できます。

mOSX スイッチは、低挿入損失(<代表値 1.0 dB、<最大 1.5 dB)、高速スイッチング(<フル仕様で 25 ms)のノンブロッキングマトリクススイッチです。スイッチファブリックは、任意のポートへの固有のポート接続ファブリックをサポートし、対称 MxM(8x8 など)と非対称トポロジ(4x12 など)の両方が可能で、ユーザーはオンデマンドでスイッチを再設定できます。

利点

  • 資本稼動率を向上させ、オンデマンドの並列テストアーキテクチャを実現
  • マルチレイヤースイッチングアーキテクチャを置き換えて、損失と再設定の時間を短縮
  • スイッチングバリアントを最小化し、統合を促進し、テストセットのサイズを縮小します
  • 統合を促進し、テストセットのサイズを縮小します

アプリケーション

  • マルチポートコンポーネント、モジュール、ラインカード用のテストシステム自動化
  • 複雑な製造テストシーケンスの管理
  • MAP シリーズ mOSW モジュールと組み合わせることで、より複雑なスイッチングシステムを構築可能

主な特徴

  • ノンブロッキング、双方向マトリクススイッチ
  • 波長範囲 1250~1675 nm
  • 1.0 dB の代表的挿入損失
  • 25 ms のスイッチング速度
  • 柔軟な SCPI リモートインターフェイスまたは MAP
  • シリーズグラフィカルユーザーインターフェイス
  • ポート間の接続は、無効化または再度有効化可能

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。