OTDR モジュール – MTS-2000/4000 V2/5800 プラットフォーム用 4100 シリーズ

長距離、メトロ、FTTx/PON、アクセス、エンタープライズネットワークの敷設、ターンアップ、およびメンテナンス用 OTDR テストソリューション。

OTDR Modules – 4100-Series
SLM View
SLM Trace View

VIAVI 4100 シリーズ OTDR モジュールにより、フィールドエンジニアは迅速、確実かつコスト効率の良い方法であらゆる光ネットワークの敷設、立上げ、トラブルシューティングを行うことができます。4100シリーズ OTDR モジュールの光性能と MTS プラットフォームの一連のテスト機能を組み合わせることで、初めての操作でもあらゆるテスト業務を適切に行うことができます。

利点

  • OTDR、パワーメーター、光源を組み合わせることにより柔軟なテスト対応が可能
  • 専用波長による正確なインサービス PON ネットワークのトラブルシューティング
  • OTDR テスト時の自動トラフィック検出によるライブの信号干渉および光トランスミッター損傷の回避

アプリケーション

  • メトロおよび長距離ネットワークの構築、コミッショニング、トラブルシューティング
  • エンタープライズおよびデータセンターネットワークの Tier 2 検定とメンテナンス
  • FTTA ファイバーケーブルの特性評価とトラブルシューティング(マクロ基地局鉄塔、ワイヤレスバックホール、分散アンテナシステム (DAS)、クラウド無線アクセス)
  • FTTH-PON ネットワークの適合性評価とトラブルシューティング(光配線およびドロップケーブルのスプリッターによる検証とテスト)

主な機能

  • 最大 45dB のダイナミックレンジと最大 256,000 点の取得ポイント
  • 1x128 芯光スプリッターによるPONテスト最適化
  • シングルモード/マルチモード統合バージョン
  • 1/2/3 波長バージョンで 1310、1490、1550、1625、1650nm をサポート
  • 1310/1550 および供用時 1625 または 1650nm 波長対応の単一コネクターポート
  • OTDR ポートで光源とパワーメーターを統合
  •  FiberComplete  バージョンによる自動双方向 OTDR、IL、ORL 測定

Ease of use for minimal learning time

  • The UI is optimized for a simple user experience and workflow to enable direct access to the main test setup or config menus with instant access to key features and results.
  • Fast and responsive it puts control at your fingertips, the touch, drag, pinch zoom, swipe, long press gestures allowing for greater instrument control and results manipulation

Take the headache out of trace analysis

  • SmartLink Mapper (SLM) analyzes and identifies passive optical elements within any OTDR trace, new or old, and represents them as simple icons which form a fiber link map
  • Easy toggle between SmartLink , Trace and event table views with direct correlation of a selected event

OTDR made easy, no setup, guided and repeatable test

  • SmartTEST is the OTDR assistant that eliminates all complex OTDR setup errors and guides a user through easy and clear operational steps.
  • Four simple steps guide techs through initial setup, testing, result review and reporting

Certify and troubleshooting with single test port and 3 Wavelengths

  • A single test port for 3 wavelength test to shoot further and improve bend detection
  • Seamless switching between construction and troubleshooting tasks for standard and in-service filtered 1625 or 1650nm testing
  • Certify fibers are ready for future requirements for C-band and L-Band (xWDM) operation
  • Consolidated reporting for all wavelengths cuts volume of test results in half

Streamline job allocation, test process compliance and data upload/audit for remote workforce

Test Process Automataion (TPA) allows your team to deliver expert-level test results and close projects on the first try, every time. TPA is a closed loop test system that optimizes workflows, eliminates manual, error prone work and automates immediate data reporting for job close out, team progress updates and network health analytics. Execute jobs efficiently to ensure high quality network builds, rapid turn-up/activation and enhanced operational visibility.

See TPA for yourself


アプリケーションノート

パンフレット

ケーススタディ

データシート

マニュアルおよびユーザーガイド

オファー

ポスター

クイックリファレンス

選択ガイド

トレーニングとサービス

ホワイトペーパーおよび書籍

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。