OTDR モジュール – CellAdvisor 5G、OneAdvisor-800、MTS-2000、-4000 V2、-5800 プラットフォーム用の 4100 シリーズ

長距離回線、メトロ、FTTx/PON、アクセス、エンタープライズネットワークの敷設、ターンアップ、およびメンテナンス用 OTDR テストソリューション

OTDR Modules – 4100-Series
SLM View
SLM Trace View

VIAVI 4100シリーズ OTDR モジュールにより、フィールド作業者は、あらゆる光ネットワークアーキテクチャを迅速、確実、かつコスト効率よく導入、ターンアップ、トラブルシューティングできます。4100 シリーズ OTDR モジュールの光パワー測定パフォーマンスと MTS、CellAdvisor 5G、または OneAdvisor-800 プラットフォームテスト機能の完全なスイートとの組み合わせにより、どのテスト作業も最初から正しく行われることが保証されます。

利点

  • 計測器の使用中に作業者をガイドするアシスタントアプリを備えた、使い易いタッチジェスチャーコントロールユーザーインターフェイス
  • モジュールの携帯性により、異なる VIAVI プラットフォーム間でファイバーテスト機能を移行できます
  • エラーのない高速テストで、どんなネットワークアプリケーションにも対応する幅広いモジュールパフォーマンス
  • テスト済みのすべての波長の統合レポートにより、管理するテスト結果の量を 50% 削減
  • OTDR テスト時の自動トラフィック検出により、光トランスミッターへのライブの信号干渉または損傷リスクを回避

アプリケーション

  • メトロおよび長距離ネットワークの構築、コミッショニング、トラブルシューティング
  • エンタープライズおよびデータセンターネットワークの Tier 2 検定とメンテナンス
  • 自動 MPO スイッチングを備えた多ファイバー数/リボンケーブル
  • FTTA ファイバーケーブルの特性評価とトラブルシューティング(マクロ基地局鉄塔、ワイヤレスバックホール、分散アンテナシステム、クラウド無線アクセス)
  • FTTH-PON ネットワーク の認証とトラブルシューティング(ファイバー分配およびドロップケーブルの検証とスプリッターによるテスト)および非平衡型スプリッターアーキテクチャのサポート

主な特徴

  • SmartLink マッパー(SLM)アイコンベースの結果表示
  • 最大 45dB のダイナミックレンジと最大 256,000 点の取得ポイント
  • 最大 1x256 までテストできるように最適化された PON  スプリッター (FTTH-SLM
  • シングルモード/マルチモード(クワッド)の組み合わせバージョン
  • 1310、1550、1625、および 1650nm の 1/2/3 波長バージョン
  • インサービスのトラブルシューティング専用の 1310、1550、およびインサービスの 1625 または 1650nm のフィルタリングされた波長用の単一コネクタポート
  • OTDR ポートで光源とパワーメーターを統合
  •  FiberComplete  バージョンによる自動双方向 OTDR、IL、ORL 測定

 

FTTx ネットワークリソースをご覧ください。 

使いやすい操作性による最小限の学習時間を実現

  • UI は、シンプルなユーザーエクスペリエンスとワークフロー向けに最適化されており、主な特徴と結果に即座にアクセスして、メインのテストセットアップまたは構成メニューに直接アクセスできます。
  • 高速で応答性が高く、指先での制御が可能となり、タッチ、ドラッグ、ピンチズーム、スワイプ、長押しのジェスチャーにより、計測器の制御と結果の操作性が向上

トレース分析に伴う悩みの種を解消

  • SmartLink Mapper(SLM)は、新旧を問わず、OTDR トレース内のパッシブ光要素を分析および識別し、ファイバーのリンクマップを形成する単純なアイコンとして表示
  • 選択したイベントを直接相関させて、SmartLink、トレース、およびイベントテーブル表示を簡単に切り替えることが可能

OTDR により、簡単でセットアップ不要、ガイド付きで繰り返し可能なテストが実現

  • SmartTEST は、すべての複雑な OTDR セットアップエラーをなくし、ユーザーに簡単で明確な操作手順を案内する OTDR アシスタントです。
  • 4 つの簡単なステップで、初期設定、テスト、結果のレビュー、およびレポートを技術者に案内

単一のテストポートと 3 つの波長を使用した認証とトラブルシューティング

  • より遠距離まで届き、曲がり検出を改善する 3 波長テスト用の単一のテストポート
  • 標準およびインサービスのフィルタリングされた 1625 または 1650nm テストの構築タスクとトラブルシューティングタスク間のシームレスな切り替え
  • ファイバーが、C バンドおよび L バンド(xWDM)動作の将来の要件に対応可能であることを認証
  • すべての波長の統合レポートにより、テスト結果の量を半分に削減

リモートワーカーのジョブ割り当て、テストプロセスのコンプライアンス、データのアップロード/監査を合理化

テストプロセスオートメーション(TPA)を使用すると、チームはエキスパートレベルのテスト結果を提供し、毎回最初の試みでプロジェクトを終了処理できるようになります。TPA はワークフローを最適化し、エラーが発生しやすい手作業をなくし、ジョブの終了、チームの進捗状況の更新、ネットワークの健全性分析に関する即時データレポートを自動作成するクローズドループテストシステムです。効率的にジョブを実行して、高品質のネットワーク構築、迅速なターンアップ/アクティベーション、および運用の可視性の向上を実現します。

ご自分で TPA をご確認ください。


アプリケーションノート

パンフレット

ケーススタディ

データシート

マニュアルおよびユーザーガイド

オファー

ポスター

クイックリファレンス

選択ガイド

サービス

ホワイトペーパーおよび書籍

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。