偏波モード分散(PMD)テストモジュール(8100 シリーズ)

MTS-6000A、-8000 プラットフォーム用 8100 シリーズモジュール

高速ネットワークの特性評価のための、高速で費用対効果が高く正確な偏波モード分散(PMD)テスト

PMD は、高データレート伝送に対するファイバーの適合性を評価する際に考慮すべき最も重要なパラメータの 1 つです。10Gbps(イーサネットまたは SONET/SDH)の PMD 制限は、伝送の展開に大きな障害をもたらすものではありませんが、40G および 100G に関連する制限がさらに縮小されたことによる潜在的な問題については、明確かつ適切な検討が必要です。

VIAVI PMD テストソリューションは、高速で信頼性が高く、フィールド向けに設計されたソリューションを提供し、光ファイバーネットワークの特性を効率的に評価するのに役立ちます。

特長

  • ITU-T、IEC、TIA/EIA によって標準化された固定アナライザ方式
  • 性能と信頼性を損なうことなく、フィールドで持ち運び可能なテスト機器
  • PMD 遅延、PMD 係数を測定し、2 次 PMD を計算します。
  • さまざまなハンドヘルド型またはモジュール式光源と組み合わせて使用できます。

アプリケーション

  • DWDM/CDWM 高速ネットワークの適合性評価:10G~40G/100G
  • 導入前後の最新の超低 PMD 光ファイバーテスト
  • 埋設ケーブル、架空ケーブル、海底ケーブル、増幅および非増幅リンク、短距離および超長距離の特性評価

主な特徴

  • わずか 6 秒で測定を完了
  • PMD 値に関係なく最大 58dB のダイナミックレンジ
  • 0~60ps の PMD 範囲
  • 単一のスロットモジュールで波長分散と減衰プロファイルを組み合わせます。

OTDR テストについてはこちらをご覧ください。

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。