RFoCPRI (RF over CPRI) による干渉解析

RFoCPRI の利点

現代の移動体基地局は分散アーキテクチャをとっており、基地局トランシーバーサブシステム (BTS) を以下の 2 つの主要素で構成されています:

  • 鉄塔のふもとにある BBU (ベースバンFドユニット)
  • 無線周波数 (RF) 機能を実行する、鉄塔先端のアンテナ近くにある RRH (Remote Radio Head)

BBU RRH CPRI (Common Public Radio Interface) 経由で通信します。RF アクセスは鉄塔の先端でのみ可能なため、干渉の検出は難しく、危険でコストがかかる作業になりがちです。

RFoCPRI (RF over CPRI) テクノロジーは鉄塔のふもとから効果的な干渉解析を可能にすることで、鉄塔作業を最低限にして安全上の懸念を減らし、メンテナンスコストを削減します。

RFoCPRI を活用するには、信頼できる CPRI テスト機器が必要であり、VIAVI は業界で初めて CPRI サポートを市場投入しました。VIAVI は、当社の CellAdvisor 基地局アナライザや MTS-5800 ハンドヘルド (携帯) ネットワークテスター、および当社の最新ソリューションである CPRIAdvisor RFoCPRI テストを提供しています。

下の表から用途に合ったオプションをお選びください。

 CellAdvisor基地局アナライザ MTS-5800CPRIAdvisor
バックホール検証 (RFC 2544、Y.1564)--
同軸ケーブルの挿入利得 / 挿入損失オプション--
CWDM の設置とメンテナンス-オプション-
ファイバー端面検査-
干渉波の探索オプション--
光パワー-
OTDR-オプション-
PIM 検出オプション
RF ケーブルおよびアンテナ解析--
RF パワー--
RF スペクトラム解析 (OTA)--
RFoCPRI (レイヤー 1/2、干渉波)オプションオプション
RFoOBSAI (レイヤー 1/2、干渉波)オプション-
信号解析オプション--

販促シート

販促シート

鉄塔に登っておこなう作業が不要に!RFoCPRIを使って地上のBBUでRFのトラブルシューティングとメンテナンスを行う。

The Role of CPRI in C-RAN Architecture: Challenges & Testing

The Role of CPRI in C-RAN Architecture: Challenges & Testing

Learn about the role of CPRI in C-RAN, and best practices for testing.

ケーススタディ

ケーススタディ

インドのティア1通信事業者は、RFoCPRIテクノロジーを利用することで、鉄塔に登ることなく、ノイズが増えた根本原因を突き止めました。

アプリケーションノート

アプリケーションノート

BBUエミュレーション機能によりコミッショニングの前に無線設置、設定、および運用を検証することで、基地局設置が簡素化されます。

RFオーバーファイバー

RFオーバーファイバー

CellAdvisorのRFオーバーファイバー(CPRIとOBSAI)機能

BBUエミュレーション

BBUエミュレーション

BBUエミュレーションにより基地局設置時にかかる時間とお金を節約する方法を読む。

Stop Climbing Towers

Stop Climbing Towers

Troubleshoot and maintain RF at ground level—at the BBU—with RFoCPRI.