光ファイバーおよびメタル線の検査と検定

成功の土台を作るということメタル線および光ファイバーの検査と検定

クラウドネットワークおよびデータセンターにおける仮想化サービスの提供が爆発的に増大することで容量に対する需要が増加し、多くのエンタープライズネットワーク所有者はメタル線および光ケーブル配線インフラストラクチャのアップグレードを求められています。

今日のエンタープライズネットワーク向けの次世代メタル線および光ファイバー検査ツール

ギガビットイーサネットから10G、40G、さらに今日の100Gへの移行が進むにつれ業界標準は進化し、エラーを許容する余裕は小さくなっています。このため、データセンターおよびエンタープライズネットワークにおけるメタル線および光ファイバーの配備は拡大し続けています。メタルからファイバー、シンプレックスからリボンファイバーアーキテクチャのどの上位カテゴリに移行するかに関係なく、ケーブル敷設と検査時にベストプラクティスを維持することは、将来のネットワーク性能の確保に不可欠です。技術者は最新の検査方法を習得、業界標準に対応して、次世代のメタル線および光ファイバーケーブル検査ツールを利用することで、こうした変化に後れを取らないことが求められています。

  • Evolving Standards for Designing and Testing MPO-Based Systems

    Webinar
    CommScope, VIAVI, and the FOTC provide updates on industry standards revisions now supporting multi-fiber connectivity, and more!

  • Do You Inspect Before You Connect?

    Contaminated connectors are the #1 cause for troubleshooting in fiber optic networks.

  • VIAVI MPO test solutions keep it simple and make it fast

  • 新車の匂いとファイバーメンテナンスという芸術

    ファイバーネットワークのメンテナンスは科学というより芸術に近く、科学は学ぶことができますが、芸術は実践する必要があります。

  • Better with VIAVI

    VIAVIによって企業内テストおよび検定が改善する理由に関する最新レポート

    詳細を見る

メタル線および光ファイバーの検査検定ソリューション

光ファイバーおよびメタル線に対するVIAVIの包括的な検査検定ソリューションポートフォリオは、メタルおよびファイバー両方に対する今日の企業技術者ニーズに対応するものです。

  • メタル線の検定

    企業ではメタル線ケーブルが支配的であり、大半のデバイスはメタル線ケーブルでネットワークに接続されています。技術者は迅速かつ正確にメタル線ネットワークを検定する必要がありますが、他方で、従来のメタル線検査ツールは最新エンタープライズネットワークには不十分であることに気付いています。VIAVIのメタル線検査ソリューションは、技術者が今日の複雑なメタル線ネットワークの検定に必要なすべての機能を備えています。

  • 基本ファイバー検査

    光ファイバーネットワークのトラブルシューティングの第1の原因はコネクターの汚れです。規格団体がファイバーコネクター端面の品質と汚れの合否判定基準を確立したものの、技術者は依然としてそうしたプラクティスの実施で課題に直面しています。適切な検査ツールなしでは、規格や仕様を維持することは困難で時間のかかる作業です。

    VIAVIの基本ファイバー検査ツールは、新規ファイバー敷設の検定からアクティブなファイバーネットワークのトラブルシューティングまで、あらゆる状況でのファイバー取り扱いのベストプラクティスの徹底において業界をリードします。ファイバー検査における技術革新と長期にわたる経験を通じ、VIAVIソリューションは、あらゆる技術者に不可欠な高速で直感的なファイバー検査ソリューションを用いて、技術者およびネットワーク管理者が光ファイバーネットワークの性能を確保できるようにします。

  • ティア1(基本)光ファイバー検定

    どのような種類の配備であれ、企業またはデータセンターでの光ファイバーケーブルの敷設では、敷設したケーブルの検査と検定は技術者が必ず実施しなければなりません。近年のデータレートの急激な成長に伴い、ティア1(基本)光ファイバー検定と呼ばれるベースライン要件は変化しました。光ファイバー検査機器の業界リーダーであるVIAVIの光損失検査セットは、TIA 568.3およびISO 11801などの規格での勧告に従ってファイバー検査などの基本機能を内蔵する一方、ティア1(基本)の検定機能も提供しています。

  • ティア1(基本)光ファイバー検定用ソリューションの詳細を読む

    より大きな帯域幅、より高速なネットワークが求められることで、ネットワークの可視性向上の必要性は増しています。ファイバーインフラストラクチャのレベルでは、基本的なファイバー端面の検査検定やティア1検査に加えてさらに多くのファイバー検査が必要となると考えられます。

    ティア1光ファイバー検査は合格/不合格で問題があることを明らかにできますが、その問題の根本原因や発生場所を特定することはできません。ティア2光ファイバー検査の目的は、問題の根本原因がある場所、そしてそれぞれの原因から生じる損失量と光反射損失(ORL)をピンポイントで突き止めることにあります。OTDRはティア2光ファイバー検査を実施するための装置です。

  • WAN性能検査

    今日のデジタル市場で企業は事業の円滑な運用に高性能なWANを必要としています。状況によっては、適切なWAN性能監視ツールを使用するか否かにより社内外の顧客の満足と不満の違いが生じることがあります。

    VIAVIのWAN接続および検査ソリューションでは、WANおよびインターネット接続を検査することでSLAを検証し、ネットワークサービスプロバイダから料金に見合ったサービスを受け取っていることを確認できます。これらのソリューションは、例えば支社を本社につなぐリンクのエンドツーエンド性能検査などを容易にします。技術者はサービスプロバイダから提供された情報に頼ることなく、素早くWAN接続をチェックできると同時に、より細部にわたる検査をすることでレイテンシーやパケット損失、ジッターなど主要性能指標を検証することもできます。

  • ワークフロー管理

    プロジェクトの規模の大小にかかわらず、チームの各メンバーがどの検査を誰がいつどこで実行する必要があるかを理解していることは絶対に必要なことです。VIAVIは、エンタープライズネットワーク内で光ファイバーとメタル線の設計、構築、検査および検定を行うチーム向けのクラウドベースの包括的なワークフロー管理ソリューションを提供します。これにより、チームのメンバーの誰もが正確に予定通りに業務を完了するために必要な情報を入手できます。

Viaviはお客様のためにあります

詳細、価格のお見積り、製品デモビデオの視聴等についてお問い合わせください。Viaviはお客様の成功のお手伝いをします。