VoLTE

VoLTE の QoE およびコストの最適化

VIAVI の VoLTE ソリューションは、QoE の最適化と差別化を可能にするエンドツーエンドのサービス可視性を提供します。

今すぐ検証して将来のサービス向上を図る

VoLTE はサービスプロバイダとその加入者の両方に大きな利点をもたらしますが、エンドツーエンドに帯域幅を保証する低レイテンシ-でリアルタイム、ポイントツーポイントのサービスとして、以下のように多くのネットワーク課題もあります。

  • リアルタイムのエンドツーエンドのサービス品質
  • IMS コールコントロールとユーザープレーンとの相互関連付け
  • 2G/3G/WiFi ネットワークへのハンドオフ

最高の顧客満足度達成指標を達成するには、サービス事業者はあらゆるステージのサービスの提供を管理する必要があります。全体的な収益性を高めるには、事業者は最も低い総コストと設置面積で価格プレミアムを駆使し、業界競争力を向上させる必要があります。卓越した VoLTE 品質を実現するには、配備前にしっかりとサービスを検証し、実世界の環境をエミュレートしなければなりません。VIAVI の CapacityAdvisor では、SART(Signaling Analyzer Real Time) と PacketInsight で相互運用性や音声品質をテストしながら、設定可能な着呼率とホールドタイムで数千台の VoLTE デバイスをエミュレートすることができます。

エンドツーエンドの可視性

VIAVI の VoLTE サービスアシュアランスソリューションは、最高の QoE を実現します。通信事業者はこれらのソリューションを利用することで、音声品質、場所にマップされた RAN メトリック、IMS ネゴシエーションパラメータをすばやく解析できます。VoLTE が運用可能になると、通信事業者はリアルタイム KPI を提供しながら、コントロールプレーンとユーザープレーンをリアルタイムに相関させることで最高の顧客満足達成度指標を達成し、位置特定されたインテリジェンスと連動してサービスに影響する問題点を特定できます。レガシー 2G および 3G ネットワークへの VoLTE ハンドオーバーも解析できます。

バックホールは EtherASSURE 製品によってカバーされます。この製品は、DSCP(Differentiated Services Code Point) ビットが確実に正しく処理されるようにして、トランスポートネットワーク上で VoLTE トラフィックを優先します。VIAVI の xSIGHT ソリューション KPI は、IMS への通話前登録や通話セットアップパフォーマンス、通話時オーディオ品質、さらにはセルまたは eNodeB 遷移や CSFB、SRVCC ハンドオフなどのモビリティイベントをはじめ、VoLTE サービスを洞察するための非常にきめの細かい手がかりを提供します。評価指標ガイド式の、このプロアクティブな監視手法によって、ネットワーク全体の洞察に満ちた VoLTE 特有の情報がリアルタイムに提供されます。

VIAVI の ariesoGEO ロケーションインテリジェンスソリューションを使用して、RAN における VoLTE 通話のパフォーマンスに対する理解を深めてください。VoLTE での通話が途切れる、ブロックされるなどの悪劣な体験イベントのパターンは、従来の音声通話のパターンと非常に異なります。プレミアム顧客が最重要な機能で否定的な体験をしないようにするために特別な最適化が必要です。VIAVI の VoLTE サービスアシュアランスソリューションは、QoS や QoE に影響する問題が発生している正確な場所を把握するための明確な情報を提供し、事業者がその場所にエンジニアリングリソースを集中できるようにします。

Viaviはお客様のためにあります

詳細、価格のお見積り、製品デモビデオの視聴等についてお問い合わせください。Viaviはお客様の成功のお手伝いをします。