ネットワーク機器評価/テスト

製品

CFP および CFP2 のテストモジュールは、最新高速ネットワークエレメント (25GE、40GE、OTU3、50GE、100GE、OTU4) のテストと検証をサポートします。CFP および CFP2 を使用した 100G クラス製品の開発が可能。アダプターを介して CFP4 および QSFP28 のサポートが可能。
MTMは、レイヤ1~3で高密度155M~11.3Gのテストを提供します。同時ユーザーはOTN、GigE/10GigE LAN、SONET/SDH、ファイバチャネルなどの広範なプロトコルレンジを制御できます。
The TM500 Test Mobile family is in use with almost every base station manufacturer across the world, and can be regarded as the de facto standard for network testing via RF.
400G CFP8モジュールは、400Gイーサネット(IEEE 802.3 bs)に関する最新の規格案に準拠したスケーラブルなテストソリューションであり、将来のOTNCnにも対応します。第1世代の400Gプラガブル光モジュールに対応したCFP8スロットを装備し、更に5つのQSFP28 スロットを搭載したプラットフォームは、将来のFlexEおよびFlexOアプリケーションに対処します。
ONT-600 FlexE
ONT QFLEX および 400G テストモジュール用FlexE ソフトウェアオプション
VIAVI ONT N-PORT モジュールは、100G クラス製品のテストとシステム検証用の 4 ポートテストソリューションです。4 つの完全に独立したネイティブ QSFP28 または SFP28 ポートをサポートしています。テストアプリケーションには、イーサネット、OTN、ファイバーチャンネルがあります。
PC用ワンダ解析ソフトウェアは、TIEデータをインポートし解析する拡張同期評価ツールです。標準のTIE、MTIE、およびTDEV評価に加えて、RTIE、MRTIE、MADEV、ADEV、FFO、およびFFD解析機能が用意されています。
TeraVM – 5G Core Emulator
One of the biggest challenges facing NEMs and mobile operators as they launch 5G is developing products against constantly changing and maturing 3GPP specs.

あらゆるステップでのサポート

VIAVIは、サポート、サービス、総合的なトレーニング、お客様が必要とするリソースを提供しています。これはすべて、お客様のVIAVIへの投資価値を最大化するために当社が日頃より行っていることです。

サービス

最適な総所有コスト(TCO)を実現するためにお客様のVIAVIシステムソリューションおよび機器ポートフォリオを補完する付加価値サービス

カスタマーサービス

カスタマーサービスは、商品返品承認(RMA)番号を発行して修理や校正サービスを行います

トレーニング

新製品や既存のツールで作業を行う技術者に向けた技術教育ソリューション、製品トレーニングおよびブレンド型学習

技術アシスト

技術支援センターは、製品の活用や設定の支援、製品の性能上の問題に対処します

エキスパートに尋ねる

詳細、価格のお見積りについてお問い合わせください。Viaviのエキスパートがお客様のあらゆる質問にお答えします。