MAP-200 汎用光源

MAP-200 汎用光源(mSRC-C2)は、Telecom / Datacomの主要波長帯域(850,1300,1310,1490,1550,1625nm)をカバーする、高安定化の光源ファミリです。 

マルチアプリケーションプラットフォーム(MAP)汎用光源(mSRC-C2)は、Telecom / Datacomの主要波長帯域(850,1300,1310,1490,1550,1625nm)をカバーする、高安定化の光源ファミリです。  共通のインターフェイスを持ち、FP レーザーや LED、SLED 光源をサポートします。10dBのパワーチューニング範囲で定パワーおよび定電流の両方の動作モードで実行できます。mSRC-C2 には多数のバリエーションがあり、広範なアプリケーションに対応するとともに、そのバリエーションはいくつか異なる出力タイプ仕様があります。各エミッタータイプは、それぞれ異なる計測アプリケーションに適した特定のスペクトル特性セットを持ちます。

特長

  • 主要通信ウィンドウの主要波長に対応した光源
  • 特定のスペクトル帯域幅と偏波レベルを持つ広範囲出力タイプサポート
  • 温度およびパワーフィードバック制御による超安定性能
  • 多重(複数波長)または独立(1波長) 信号出力コネクターによりテストシステムの統合を簡素化
  • IECコンプライアントの信号ランチ条件を備えたシングルモードおよびマルチモード出力

アプリケーション

  • 挿入損失テスト
  • 全般的なパワーセンサーまたはパス損失校正
  • IEC ランチ条件でのマルチモード損失テスト
  • CWDM コンポーネントの測定
  • 汎用干渉法アプリケーション